*

Wir lieben BECHSTEIN 高品質なベヒシュタインピアノの技術的背景

公開日: : 最終更新日:2020/05/15 おすすめ総集編, ベヒシュタイン編

Wir lieben BECHSTEIN 
ベヒシュタイントーンはこうして生まれる! 
高品質なベヒシュタインピアノの技術的背景
CB_Verkaufsargumenter_JP_Screen-001
ベヒシュタインの生産拠点はザクセン州ザイフェナースドルフです。
ドイツのモデル企業であるベヒシュタイン工場は、面積12000平米、倉庫面積6000平米、従業員数180人、研修生24人(2018年8月現在)。
高品質の素材を使用しより高い製造技術の探求により、長期的に安定した品質を保証します。
CB_Verkaufsargumenter_JP_Screen-003 (2)ベヒシュタインサウンドは有名アーティストから高く評価され、神話、伝説が生み出されました。
伝説の響き、それぞれの音楽的な旋律の変化が基本的にはっきりと認識できる特性を持っています。

ドイツ技術研修と165周年記念フェスティバルの旅 おまけ動画

CB_Verkaufsargumenter_JP_Screen-004 (2)木工加工の管轄拠点はザイフェナースドルフです。
最先端技術の導入は、各部品を最高の精度で加工します。

CB_Verkaufsargumenter_JP_Screen-004 (3)アップライトのキャビネット、グランドの側板は音にも重要な部分です。
脚、ペダル、屋根、鍵盤蓋は最新の注意のもと自社製造されます。

CB_Verkaufsargumenter_JP_Screen-004 (4)非常に手の込んだベヒシュタインの音響ユニットは、アップライトもグランドもすべてザイフェナースドルフで行われます。
音響ユニットは響きの生成にとても重要な部分で、音の香り、瞬発力、透明感、すべての要素に影響します。

“C. Bechstein Resonances ”ベヒシュタインの魅力

C. Bechstein Resonances: The rim

「ベヒシュタインの響き:リム」
グランドピアノの側板の厳選されたベニヤ板を貼り合わせるために厳選された接
着剤を使うことは、一枚一枚の層を貼り合わせ固定する為に不可欠なものです。
職人たちによって⻑年蓄積された貴重な経験は、正確な判断を要求される音作り
に生かされています。
何重もの層を張り合わせた後、各層が完全に密着するように数か月の間、寝かせる
期間も非常に重要です。そうすることで、ゆがみを回避します。外枠は変形しては
ならないのです。

CB_Verkaufsargumenter_JP_Screen-004 (5)ベヒシュタインはヨーロッパのピアノメーカーで唯一自社でのハンマーヘッド製作を製造します。。
ハンマーヘッドはピアニストのタッチ、力やニュアンスを弦に伝える重要な部分です。
音楽的な響きやダイナミックをいかに正確に伝えるか、大きな変化を与えるかはハンマーヘッドの品質によって決まります。

自社開発ゆえにそれぞれの機種に対してフェルト密度や重さ、ハンマーウッドの材、サイズを適合させることが可能になりました。
適合することは高品質を維持する種も重要なポイントです。

CB_Verkaufsargumenter_JP_Screen-004 (6)アクションは専門セクションで制作、整調、整音されます。
各部品の使用テストやシーズニングが行われ、コンサートチューナーとピアニスト、そして、制作現場での情報交換でより良いメカニックを目指しています。

“C. Bechstein Resonances ”ベヒシュタインの魅力

C. Bechstein Resonances: Hammer heads

「ベヒシュタインの響き:ハンマーヘッド」
ハンマーヘッドは一般的にサプライヤーで製造されたものが使用されますが、ベ
ヒシュタインは社外製のハンマーヘッドの品質に満足せず、独自の基準に従って
自社製ハンマーヘッドを生産することに心血を注いできました。ベヒシュタイン
は現在、ヨーロッパで唯一の自社製のハンマーヘッドを生産しているピアノメー
カーです。頑丈なハンマーウッドを弾力性のある強力なフェルトで覆った、この卓
越したハンマーヘッドは、高水準の要求に応えるべく、様々なプロセスを経て作ら
れております。

CB_Verkaufsargumenter_JP_Screen-003 (3)ベヒシュタイングループのもう一つの生産拠点であるベヒシュタインヨーロッパは、
チェコの伝統ある大学都市フラデツクラ―ロヴェーに位置します。
工場面積20000平米、敷地面積55555平米、従業員数170人(2018年8月現在)
ここには塗装と鉄骨(フレーム)の統括センターと修復セクションも備えています。
製造工芸と音楽文化が備わっている地でのチームワークある仕上げは目を見張るものがあります。

“C. Bechstein Resonances ”ベヒシュタインの魅力

CB_Verkaufsargumenter_JP_Screen-005 (2)ベヒシュタインヨーロッパでは鋳鉄フレームを最新のCNC工作機械により正確に加工します。
洗練された鋳鉄工場で3つのベヒシュタインライン(コンサート・レジデンス・アカデミー)の素材組成に忠実にフレームは鋳造されます。

CB_Verkaufsargumenter_JP_Screen-005 (3)ザイフェナースドルフで製造されたキャビネットはベヒシュタインヨーロッパでピアノの外装に応じコーティングと塗装を行います。ここには最新技術が導入され、最高品質という哲学から素晴らしい外観を生み出します。

“C. Bechstein Resonances ”ベヒシュタインの魅力

CB_Verkaufsargumenter_JP_Screen-005ベヒシュタインヨーロッパでは2017年からグランド・アップライトピアノの古い楽器の修復作業のために、専門技術による部門を設置いたしました。
古い楽器の修復は若い技術者にとって、テックニックのみならず、ベヒシュタインの求める音の喚起、感性の構築に役立っています。
このサービスは世界の専門販売店にも驚きの中で受け入れられ、喜ばれています。

ベヒシュタインハンマーヘッドの製作

アップライトはグランドの廉価版か?

その後のお付き合い:アフターケア

ベヒシュタイン新品ピアノと中古

デジタルピアノはピアノ?

輸入ピアノ 国産との違いと特徴

輸入ピアノ 音色が変化する面白さ

輸入ピアノ 音色の方向性

素敵なピアノレッスン

ピアノが語ってくれたもの 全41

パッサージュメニュー

ピアノレッスン

新着情報

pick-upおすすめ記事

イベント情報

ブログ

おすすめ記事

関連記事

ハンマーヘッド ピアノが語ってくれたもの-その18

ピアノが語ってくれたもの-その18 フェルトハンマーが語るピアノキャラクター Q.フェルトハンマ

記事を読む

サンドの別荘 ショパンの部屋 ピアノが語ってくれたもの-その8

ピアノが語ってくれたもの-その8 演奏者のスタイル Q.演奏者によって好みのタッチがあるのでしょ

記事を読む

スタインウェイ im Hambrug ピアノが語ってくれたもの-その27

ピアノが語ってくれたもの-その27 仮説その1 ピアノ音のインハーモニシティーが平均律音階の普及に

記事を読む

ベヒシュタイン12n 輸入ピアノ BECHSTEIN

ベヒシュタインその音色の美しさ このたびは大変お世話になりました。 いろいろとお気遣いい

記事を読む

フランスのひまわり畑 ピアノが語ってくれたもの-その7

ピアノが語ってくれたもの-その7 3つのスタイル Q.鍵盤調整が重要なのは分かりました。 さて

記事を読む

ニューヨークスタインウェイの納品に行きました。

ベヒシュタイン コントア118の納品に行きました。

Wir lieben BECHSTEIN  ベヒシュタイン アップライト比較試弾出来ます。

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.39  2021年2月21日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

新型コロナに伴う対応について パッサージュグループ

サロン予約された方々へのご連絡

2021年元旦 本年もよろしくお願いします。 ピアノパッサージュ株式会社

GROTRIAN 112 ウォルナット 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

C.BECHSTEIN 12a 輸入ピアノ ピアノパッサージュ 

ベヒシュタイン L165の納品に行きました。

C.BECHSTEIN B112の調律に行きました。

W.STEINWERG 114 ドイツ製 綺麗な象嵌モデル 入荷しました。

GROTRIAN studio110の納品調律に行きました。

ベヒシュタイン C-232試弾会開催 2020.11.7~ 祝!サロン・ド・パッサージュにC.BECHSTEIN C-232(C91) が常備されました。

パッサージュブログ一覧

レクチャー&コンサート おしゃべり室内楽 vol.35 2020.12.6

ベヒシュタイン S-145 の納品に行きました。

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

今月のお勧めピアノ スタインウェイ K-132 ハンブルグ ウォルナット 艶消

GROTRIAN 112 の納品に行きました。

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 f0(エフゼロ)とピアノ響板特性

メーカー別おすすめ記事

尾崎プロフィール

→もっと見る

PAGE TOP ↑