*

スタインウェイ ブードワー・ピアノ

公開日: : 最終更新日:2021/05/03 おすすめ記事, スタインウェイピアノ

TS380488

このピアノ スタインウェイの1866年のカタログに載っているらしい、「ブードワー・ピアノ」に外装が非常に似ている。サイズが大きめだが・・。
脚を容易に本体から取り外す事が出来る所も同じだ。引っ越しの多い都会ニューヨークで完璧なピアノとなったらしい。
スタインウェイ・ジャパンに調べていいただいた所では、1865年にマイアミ市に納品までは調査できた。月日や顧客名は資料が古く読み取れなかったらしい。おそらくニューヨークからフロリダ半島まで船で運ばれただろう。
1865年と言えばスタインウェイシステムの立役者、テオドール シュタインヴェーク(セオドア スタインウェイ)がニューヨークに渡った年だ。
名著「スタインウェイ物語」によれば、セオドアはそれまであまり造られていなかった、スタインウェイ社製アップライトを、ニューヨークの住宅事情等から今後の需要を予測し、アップライト職人も一緒に連れてきたらしい。
記念すべきスタインウェイなのかもしれない。夢と想像はどんどん膨らむのだ。

総集編スタインウェイシステム

パッサージュメニュー

pick-upおすすめ記事

イベント情報

ブログ

パッサージュ動画

おすすめ記事

関連記事

プレイエル in France ピアノが語ってくれたもの-その29

ピアノが語ってくれたもの-その29 日本語ユニゾン? Q.何が違ったのでしょうか?やはり、音の聴

記事を読む

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -3

ベヒシュタインその音色の美しさ ・12nとclassic118の価格 12nは160万円~1

記事を読む

ハンマー ファイリング ピアノが語ってくれたもの-その36

ピアノが語ってくれたもの-その36 整音とは「発声法」 Q.スタインウェイの整音イメージとは?

記事を読む

ノアンのサロンにあるショパンが暮らしていた当時のピアノ ピアノが語ってくれたもの-その2

ピアノが語ってくれたもの-その2 耳がものさし Q.「整調とは演奏者の自己芸術表現のためのパート

記事を読む

ピアノフレーム サーフェーサー処理 ピアノが語ってくれたもの-その13

ピアノが語ってくれたもの-その13 ウィーン式アクション(ウィンナーメカニック) Q.ウィーン式

記事を読む

グロトリアン モデル200のご試弾会 開催 2022.9.21~

「男のコンサート」Vol.45  2023年2月19日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

ベーゼンドルファー170 の納品に行きました。 

ベヒシュタイン B203 ローズウッド入荷しました。

STEINWAY & SONS New York M170 の納品に行きました。 

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ 2 ピアノの響板特性とハーモニー調律 その1~その48

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ1 その1~41

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

『ベヒシュタイン技術者の会』に向けて ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.3 ピアニストが一言『タッチ』と表現したとしても・・・

No.0 6本脚 ピラミッドマホガニー艶出 輸入ピアノ ピアノパッサージュ 

ペトロフ 124 ウォルナット艶消  1979年製 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

GROTRIAN 200 1929年製 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

サロン予約された方々へのご連絡 サロン・ド・パッサージュ臨時改正

展示ピアノ「 UP・GP・価格別」

お求めやすい“W.ホフマンVision V2”が、ベヒシュタイン・ヨーロッパから新登場!

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

C.BECHSTEIN M-180 貴重クラシックモデル復刻版 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

C.BECHSTEIN-L165の納品立会に行きました。

「男のコンサート」Vol.44  2022年10月2日(日) 開演13:00 

長島剛子 梅本 実 リートデュオ・リサイタル ロマン派から20世紀へ PartⅣ

花崎薫、野田清隆 ヴェートーヴェン チェロと作品全曲演奏会 Vol.1 2022.11.20

→もっと見る

PAGE TOP ↑