*

プロなら知っておいた方が良い。

公開日: : 最終更新日:2015/12/05 ピアノ調律

TS380594国立音大の調律科卒業生の有志からなる、ピアノ技術の研究会があった。
会の名称は「国立・楽器技術研究会」通称K.G.K.と呼ばれている。事務局は国立音大だ。
会員は300名くらいだろうか。
ここでは、年に2回くらいの技術研究会を行っている。
今回のテーマは「ジョンケージとプリペアードピアノ」であった。
そういえば、26年前に同音大の大学院生の研究テーマとして実際にプリペアードピアノ作成をお手伝いした事があった。当時はプリペアドピアノは一般的に知られておらず、また、ジョンケージの指示もインチスケールのため少々苦労したのを思い出した。
ピアノの弦に物をはさんで部分音を強調したり、打楽器的な音を出したりする。
とても不思議かつ新鮮な経験であり、ピアノの可能性の新たな発見だった事を思い出す。
当時から、ピアノ本来の使い方では無いとかで、賛否両論がある。また、以前はピアノをいためた使い方をした心ない演奏者もいたため、ホールやピアノレンタル業者からは今も敬遠されがちだ。
しかし、調律のプロとしての経験知識としては、知らないより知っていた方が良いと思う。休憩中にピアノを弾かせてもらっている所を実行委員にパチリと撮られてしまった。
今回、弟子も連れて行き、見学させた。めったにないチャンスで、百聞は一見に・・・である。経験に勝る指導者はいないからだ。弟子にも弾かせた。弟子は同音大調律科卒ではないが、K.G.K.は快く参加させてくれる。
文化継承や技術伝承の教育現場に国境や縄張り意識は必要ない。ただ、何よりも双方の熱意があれば良いと思う。

おすすめ記事

関連記事

輸入ピアノ 特徴と違い -1 スタインウェイ&ベーゼンドルファー(高音部バックレングス編)

輸入ピアノ 特徴と違い -1  当社に展示中の輸入ピアノの違いを見ていきましょう。 スタ

記事を読む

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -5

・ヨーロッパピアノ、ピアノに対する考え方 ヨーロッパピアノメーカーにとって最も重要な事は音色と響き

記事を読む

C.Bechstein concert10 の調律に行った。 輸入ピアノ BECHSTEIN

ベヒシュタインその音色の美しさ C.Bechstein concert10 の調律に行った。

記事を読む

ベヒシュタイン in Germany ピアノが語ってくれたもの-その30

ピアノが語ってくれたもの-その30 使用言語における母音の位置と意味 Q.フランス語もドイツ語も

記事を読む

赤レンガのベヒシュタイン工場 その14

ベヒシュタインその音色の美しさ 赤レンガのベヒシュタイン工場 その14 ベヒシュタイン工場は

記事を読む

サロン・ド・パッサージュ「鶴田留美子 プレリサイタル」 2022.8.27 土曜日 14:00

安井耕一 音楽講座 第1回 2022年8月5日(金)19:00

入川 舜 ピアノサロンコンサート ~フレンチピアニズムとベートーヴェン~ 2022.7.31

「男のコンサート」Vol.44  2022年10月2日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

サロン予約された方々へのご連絡 サロン・ド・パッサージュ臨時改正

お求めやすい“W.ホフマンVision V2”が、ベヒシュタイン・ヨーロッパから新登場!

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ1 その1~41

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ 2 ピアノの響板特性とハーモニー調律 その1~その48

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

『ベヒシュタイン技術者の会』に向けて ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.3 ピアニストが一言『タッチ』と表現したとしても・・・

C.BECHSTEIN M-180 貴重クラシックモデル復刻版 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

C.BECHSTEIN-L165の納品立会に行きました。

及川 悠介 ヴァイオリン・リサイタル 2022.9.20

千葉大学ピアノサークル&管弦楽団OB/OG有志による演奏会 ピアノ&アンサンブル ソワレ 第11回演奏会 2022.8.13

→もっと見る

PAGE TOP ↑