*

ザウター社の歴史 ~師匠はモーツァルト・ベートーベンのピアノ製作者~

公開日: : 最終更新日:2021/01/30 おすすめ総集編, おすすめ記事, ザウター, ザウター編

Johann Grimm(初代)
Johann Grimm(初代)◎1人の手工業職人が夢を描く
ヨハン・グリム(初代 1795年〜1845年))は、シュパイヒンゲンに生まれ、地元の教会で鍵盤楽器の構造に感銘を受け、ピアの製作者の道を志し、当時音楽の都であったウィーンに出てシュトライヒャーのもとで修行に励んだ。
ショトライヒャーはベートーベンにピアノ制作を依頼され、その師匠のシュタインのピアノはモーツァルトが絶賛し使用した。
1819年〜46年
◎ピアノ工房の設立
1819年にシュパイヒンゲンに戻りスクエアーピアノの製作を開始した。その品質の高さから一躍有名になり、彼のもとには多くの弟子たちが集まった。
Carl Sauter I(2代目)
Carl SauterⅠ(2代目)1846年〜63年
◎工房から工場へ
グリム(初代)は、当時16歳の甥のカール・ザウター(2代目)を見習い職人として採用する。天分に恵まれたカールは、グリムの後継者となり、工房をピアノ工場へ拡張させる。
Johann Sauter(3代目)
Johann Sauter(3代目)◎アップライトフォルテピアノの製作へ
ヨハン・ザウター(3代目)は17歳で先代を引き継ぎ、アメリカの旅でピアノ製造技術に関する新しいヒントを持ち帰り、スクエアーピアノの製造ウエイトがアップライトピアノに移行していく。
Carl Sauter II(4代目)
Carl SauterⅡ(4代目)◎苦難な時代の工場拡張
カール・ザウターII世(4代目)は、生産合理化と工場拡張に力を注いだ。優れたな品質と改良されたモデルは、ザウターの名をドイツ中に響き渡らせることとなった。
Hans Sauter(5代目)
Hans Sauter(5代目)◎ザウター社史の新世紀の始まり
音楽家、ピアノ製造技術者、そして発明家でもあったハンス・ザウター(5代目)は新技術と材料を取り入れる。その音と美しいデザインのモデルは、フランクフルトメッセで評判となり、海外にも輸出され、世界中で大盛況となった。1952年グランドピアノ、モデル160を開発し、総金箔塗のモデルはメッセに展示された。
Carl Sauter III
Carl SauterⅢ(6代目)◎R2アクションの開発
ハンス(5代目)の弟で、ピアノ製造マイスターのカール・ザウターIII世は兄を引き継と、数々の革新を打ち出す。R2アクションのシリーズ化、基本モデルの大型化、高価なMシリーズの導入、さらに限定モデルの生産と魅力的なデザインモデルを実現させる。
Ulrich Sauter(現代)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
◎創立196年 ウルリッヒ・ザウター(現代)はハンス(5代目)の息子になる。高級品市場への参入の為オーダーメイドデザインの導入が企業方針の中心になる。ザウターは世界で最も古い伝統を持つピアノ製造会社になる。
音色、タッチ、デザインに置いてピアニストの高い要求に十分応えるべき最高級ピアノを作ることに全力を傾け続けている。
ウルリッヒさん直筆ウルリッヒさん直筆2

ピアノが語ってくれたもの

パッサージュメニュー

pick-upおすすめ記事

イベント情報

ブログ

パッサージュ動画

おすすめ記事

関連記事

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.43  2022年6月12日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.43 2022年6月12日(日) 開演13:

記事を読む

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

輸入ピアノの素朴な疑問 人ぞれぞれのピアノ選び 気になること、心配なこと 輸入ピアノ購入のため

記事を読む

『ベヒシュタイン技術者の会』に向けて ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.3 ピアニストが一言『タッチ』と表現したとしても・・・

ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.3 ピアニストが一言『タッチ』と表現したとしても・・・  

記事を読む

入川 舜 ピアノサロンコンサート ~フレンチピアニズムとベートーヴェン~ 2022.7.31

入川 舜 ピアノサロンコンサート 2022.7.31 ~フレンチピアニズムとベートーヴェン~

記事を読む

C.BECHSTEIN M-180 貴重クラシックモデル復刻版 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

ベヒシュタイン M-180クラシック ベヒシュタインのシンボル的デザイン M-180クラシック

記事を読む

C.BECHSTEIN-L165の納品立会に行きました。

C.BECHSTEIN-L165の納品立会に行きました。 防音室で、念願のピアノライフ

記事を読む

サロン予約された方々へのご連絡 サロン・ド・パッサージュ臨時改正

2020年4月7日からの【ご利用内容 臨時改正】に変更はございません。 (追加、変更の場合は赤文字

記事を読む

C.BECHSTIN – S145 ベルリン製 のご納品おめでとうございます!

C.BECHSTIN - S145 ベルリン製 のご納品おめでとうございます! パパ

記事を読む

C.BECHSTEIN – S145 London製の納品調律に行きました。

C.BECHSTEIN - S145 London製の納品調律に行きました。 このベヒ

記事を読む

ベヒシュタイン M-180の納入調律に行きました。

ベヒシュタイン M-180の納入調律に行きました。 納入後から加湿器を2台にして下さり、

記事を読む

ベヒシュタイン 12bの納入調律に行きました。

ベヒシュタイン 12bの納入調律に行きました。 納入から1ヶ月、楽しくピアノを弾いてらっしゃ

記事を読む

C.Bechstein 12n の納品調律に行きました。

C.Bechstein 12n の納品調律に行きました。 サッカーの練習から帰宅した

記事を読む

『ベヒシュタイン技術者の会』に向けて ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.2 ピタゴラスコンマへの挑戦『弦インハーモニシティー』ベヒシュタインの弦設計とは

ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.2 ピタゴラスコンマへの挑戦『弦インハーモニシティー』ベヒシ

記事を読む

ベヒシュタイン M-180 の納品に行きました。

ベヒシュタイン M-180 の納品に行きました。 ピアノと会話をしながら練習を楽しみ

記事を読む

GROTRIAN Chambre 165 の調律に行きました。

GROTRIAN Chambre 165 の調律に行きました。 新居が完成し、お引越し

記事を読む

ベヒシュタイン 12bの納品に行きました。

ベヒシュタイン 12bの納品に行きました。 子供の頃に断念してしまったピアノを再開しようとし

記事を読む

GROTRIAN contour の納品に行きました。

GROTRIAN contour の納品に行きました。 リフォームが済み、新しいお

記事を読む

ベヒシュタイン クラシック118 の納入調律に行きました。

ベヒシュタイン クラシック118 の納入調律に行きました。 納品から約1ヶ月になります。

記事を読む

C.BECHSTEIN クラシック118 新品入荷しました。 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

その音色の美しさ 仕様:ベヒシュタイン クラシック118 ブランド

記事を読む

お求めやすい“W.ホフマンWH114P”が、ベヒシュタイン・ヨーロッパから

W.ホフマンVision V2 ホフマン・プロフェッショナルシリーズで最もコンパクトなピアノです。

記事を読む

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ1 その1~41

以下の文章は(社団法人)日本ピアノ調律師協会 会報No.117・118(2002年)に投稿された文章

記事を読む

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ 2 ピアノの響板特性とハーモニー調律 その1~その48

以下の文章は(一般社団法人)日本ピアノ調律師協会 会報No.170・171(2020~21年)に投稿

記事を読む

C.BECHSTIN S145 P.Yamauchi 納品立会に行きました。

C.BECHSTIN S145 P.Yamauchi 納品立会に行きました。   本日、ベヒシュ

記事を読む

ベヒシュタイン ミレニアム116K の納入調律に行きました。

ベヒシュタイン ミレニアム116K の納入調律に行きました。 ベヒシュタインがご自宅に届いて

記事を読む

お求めやすい“W.ホフマンVision V2”が、ベヒシュタイン・ヨーロッパから新登場!

W.ホフマンVision V2 モダンなインテリアに合う手頃なアップライトが欲しい。しかしパフォー

記事を読む

ベヒシュタイン 12a の納入調律に行きました。

ベヒシュタイン 12a の納入調律に行きました。 このピアノに出会ってから、色々変わったそうで

記事を読む

W.HOFFMANN T161 の納品立会に行きました。

W.HOFFMANN T161 の納品立会に行きました。 オーナーの中学生の男子君は

記事を読む

Bösendorfer 120CL 1988年製 入荷しました。

Bösendorfer 120CL マホガニー艶出 今では手に入りにくい象牙黒檀仕様とマホガニー

記事を読む

『ベヒシュタイン技術者の会』発進

『ベヒシュタイン技術者の会』に向けて                      『ベヒ

記事を読む

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

「あなたにとって世界一素敵なお仕事は何でしょうか?」とたずねられたら? ピアノ調律師!と答えたいと

記事を読む

下村泰斗 ピアノリサイタル2021 音玉 2021.11.7 11.14 11.23

下村泰斗 ピアノリサイタル2021 音玉 2021.11.7 11.14 11.23 パッ

記事を読む

2010年5月22日 創業感謝祭4周年 川島基ピアノリサイタル

創業感謝祭4周年の目玉イベントが好評のうちに終了いたしました。ドイツを中心にヨーロッパと日本

記事を読む

澤田写真館コンサート 2020.3.8 6.14 9.13 12.13

澤田写真館コンサート 2020.3.8 6.14 9.13 12.13 ~音が降り注ぐサロンで聴く

記事を読む

赤レンガのベヒシュタイン工場 その18

ベヒシュタインその音色の美しさ 赤レンガのベヒシュタイン工場 その18 ここはベルリンフィル

記事を読む

【フィリップ・カサール】

1962年ブザンソン生まれのフランスのピアニスト、フィリップ・カサール(カッサール)は、パリ音楽院で

記事を読む

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.43  2022年6月12日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

『ベヒシュタイン技術者の会』に向けて ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.3 ピアニストが一言『タッチ』と表現したとしても・・・

入川 舜 ピアノサロンコンサート ~フレンチピアニズムとベートーヴェン~ 2022.7.31

C.BECHSTEIN M-180 貴重クラシックモデル復刻版 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

C.BECHSTEIN-L165の納品立会に行きました。

サロン予約された方々へのご連絡 サロン・ド・パッサージュ臨時改正

C.BECHSTIN – S145 ベルリン製 のご納品おめでとうございます!

C.BECHSTEIN – S145 London製の納品調律に行きました。

ベヒシュタイン M-180の納入調律に行きました。

ベヒシュタイン 12bの納入調律に行きました。

C.Bechstein 12n の納品調律に行きました。

『ベヒシュタイン技術者の会』に向けて ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.2 ピタゴラスコンマへの挑戦『弦インハーモニシティー』ベヒシュタインの弦設計とは

ベヒシュタイン M-180 の納品に行きました。

GROTRIAN Chambre 165 の調律に行きました。

ベヒシュタイン 12bの納品に行きました。

GROTRIAN contour の納品に行きました。

ベヒシュタイン クラシック118 の納入調律に行きました。

C.BECHSTEIN クラシック118 新品入荷しました。 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

お求めやすい“W.ホフマンWH114P”が、ベヒシュタイン・ヨーロッパから

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ1 その1~41

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ 2 ピアノの響板特性とハーモニー調律 その1~その48

C.BECHSTIN S145 P.Yamauchi 納品立会に行きました。

ベヒシュタイン ミレニアム116K の納入調律に行きました。

お求めやすい“W.ホフマンVision V2”が、ベヒシュタイン・ヨーロッパから新登場!

ベヒシュタイン 12a の納入調律に行きました。

W.HOFFMANN T161 の納品立会に行きました。

Bösendorfer 120CL 1988年製 入荷しました。

『ベヒシュタイン技術者の会』発進

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

入川 舜 ピアノサロンコンサート ~フレンチピアニズムとベートーヴェン~ 2022.4.24

→もっと見る

PAGE TOP ↑