*

■輸入ピアノ ベヒシュタインが設計・製造するホフマン -4

公開日: : 最終更新日:2021/01/30 おすすめ記事, ブログ

ホフマンピアノ展示中

wh_panel_03・第2のブランドであるホフマンの品質の高さ
 今世界のピアノ生産の拠点は中国を中心としたアジアに移ろうとしています。例えばボストンはスタインウェイのセカンドブランドですが、日本の河合楽器製作所で製造されています。またヨーロッパのメーカーも会社の維持の為、製造を中国のピアノ製造会社に委託するケースが増えています。アジアで作ることの利点は、一つには人件費がかからない為安価に作れる点が挙げられます。しかし音の芸術としての音色の方はどうでしょう?例えば羊羹を食べたことのない西洋人が見た目そっくりな羊羹は作れても、味まで本物の羊羹を作れるでしょうか?
 たとえ人件費が割高になったとしてもホフマンが製造拠点をヨーロッパに設定している理由はここにあります。ピアノを制作するものが西洋音楽の歴史や奥深さや面白さを知らずして、芸術である音楽を奏でる為の本物のピアノを作ることができるだろうか―。
 さらにホフマン工場とドイツ工場は車で2時間の距離という事もあり、技術者は常に情報交換をし、ベヒシュタインのコンセプトを正しく楽器に反映できるよう組織としての仕組みが整っています。

ピアノカタログ ホフマン

展示ピアノ一覧

※お問い合わせは、お問い合わせフォーム
またはお電話(TEL 03-5225-1353)で承ります。

info

ピアノが語ってくれたもの

パッサージュメニュー

pick-upおすすめ記事

イベント情報

ブログ

パッサージュ動画

おすすめ記事

関連記事

赤レンガのベヒシュタイン工場 その3

ベヒシュタインその音色の美しさ 赤レンガのベヒシュタイン工場 その3 ベヒシュタイン

記事を読む

赤レンガのベヒシュタイン工場 その1

ベヒシュタインその音色の美しさ 赤レンガのベヒシュタイン工場 その1 10年ひと昔と言うから

記事を読む

赤レンガのベヒシュタイン工場 その20

ベヒシュタインその音色の美しさ 赤レンガのベヒシュタイン工場 その20 休日にベルリ

記事を読む

ピアノが語ってくれたもの その1~41総集編

以下の文章は社団法人 日本ピアノ調律師協会(当時)会報に投稿された文章を一部変更したものです。ピアノ

記事を読む

ベヒシュタインアカデミーA114Modernの特徴  輸入ピアノBECHSTEIN

ベヒシュタインその音色の美しさ ・ベヒシュタインアカデミーA114Modernのサイズ A1

記事を読む

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 (後編)更新中

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.41  2021年9月26日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

グロトリアンを納品しました!

Wir lieben BECHSTEIN  ベヒシュタイン アップライト比較試弾出来ます。

ベヒシュタイン その音色の美しさ 輸入ピアノ BECHSTEIN

メーカー別 おすすめ記事 製造番号

STEINWAY&SONS−Fの納品立会に行きました。

ベヒシュタイン B203 P.Yamauchi

C.BECHSTEIN 12a 輸入ピアノ ピアノパッサージュ 

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 (前編)

ベーゼンドルファー200 1984年製 入荷しました。

スタインウェイ K-132 ハンブルグ ダークウォルナットバードアイ 艶消

ピアノパッサージュブログ一覧

サロン予約された方々へのご連絡 サロン・ド・パッサージュ臨時改正

C.BECHSTEIN クラシック118 新品入荷しました。 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

新型コロナに伴う対応について パッサージュグループ

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.40  2021年5月9日(日) 開演13:00 

→もっと見る

PAGE TOP ↑