*

■輸入ピアノ ハンマーシャンクの工夫 -2

公開日: : 最終更新日:2019/08/15 おすすめ記事, ブログ , , , , ,

・輸入ピアノのハンマーシャンク取り付け
輸入ピアノは人の手によって作られます。人の手で作ることで、人の耳を介した楽器作りを実現しています。つまり、職人たちは木材や金属の「音」を直接耳で聴きながら、完成品の音色をイメージしているのです。輸入ピアノの場合、このハンマーシャンクの取り付けにも人の耳を介しています。ハンマーに取り付けられる前のシャンクは、まず一本一本手作業でその強度をテストされます。そして十分な強度を保っているシャンクを一本一本大理石の上に落とします。この時聞こえてくる「カランカラン」という音に職人は耳を傾けます。そしてピッチの高いもの、中庸なもの、低いものに分別します。それらをハンマーに植えていくのですが、ここでもメーカーの設計思想が表れてきます。

ピアノが語ってくれたもの

パッサージュメニュー

pick-upおすすめ記事

イベント情報

ブログ

パッサージュ動画

おすすめ記事

関連記事

ベーゼンドルファー in Wien ピアノが語ってくれたもの-その28

ピアノが語ってくれたもの-その28 仮説その2 フランス語やドイツ語の響きが調律や整音作業に大きく

記事を読む

サンタクローチェ教会 ピアノが語ってくれたもの-その39

ピアノが語ってくれたもの-その39 土台を学ぶこと A. 自分にとっての土台とは何だろう?基礎と

記事を読む

スタインウェイ im Hambrug ピアノが語ってくれたもの-その27

ピアノが語ってくれたもの-その27 仮説その1 ピアノ音のインハーモニシティーが平均律音階の普及に

記事を読む

セーヌ ピアノが語ってくれたもの-その5

ピアノが語ってくれたもの-その5 鍵盤はカートリッジ? Q.調律師の意見の中に「整調全項目を行な

記事を読む

ノートルダム ピアノが語ってくれたもの-その6

ピアノが語ってくれたもの-その6 調律師の立場 Q.演奏者と同じ視点でピアノを感じてみることが重

記事を読む

「男のコンサート」Vol.44  2022年10月2日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

ベーゼンドルファー170 の納品に行きました。 

ベヒシュタイン B203 ローズウッド入荷しました。

グロトリアン モデル200のご試弾会 開催 2022.9.21~

STEINWAY & SONS New York M170 の納品に行きました。 

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ 2 ピアノの響板特性とハーモニー調律 その1~その48

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ1 その1~41

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

『ベヒシュタイン技術者の会』に向けて ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.3 ピアニストが一言『タッチ』と表現したとしても・・・

No.0 6本脚 ピラミッドマホガニー艶出 輸入ピアノ ピアノパッサージュ 

ペトロフ 124 ウォルナット艶消  1979年製 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

GROTRIAN 200 1929年製 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

サロン予約された方々へのご連絡 サロン・ド・パッサージュ臨時改正

展示ピアノ「 UP・GP・価格別」

お求めやすい“W.ホフマンVision V2”が、ベヒシュタイン・ヨーロッパから新登場!

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

C.BECHSTEIN M-180 貴重クラシックモデル復刻版 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

C.BECHSTEIN-L165の納品立会に行きました。

長島剛子 梅本 実 リートデュオ・リサイタル ロマン派から20世紀へ PartⅣ

花崎薫、野田清隆 ヴェートーヴェン チェロと作品全曲演奏会 Vol.1 2022.11.20

ソレイユピアノコンサート Vol.6 2022.10.10

→もっと見る

PAGE TOP ↑