*

■輸入ピアノ ハンマーシャンクの工夫 -1

公開日: : 最終更新日:2019/08/15 おすすめ記事, ブログ

KC4F0181・ハンマーシャンクとは

ハンマーシャンクとは弦を叩くハンマーに接合された細長い棒で、金づちでいう柄の部分のことです。鍵盤を押すとメカニックを通じてハンマーシャンクが持ち上がり、ハンマーが弦を叩く仕組みです。ハンマーシャンクは小さな部品ですが音色やタッチに影響を与える非常に大事なパーツで、材質の選び方や取り付け方を見ても、メーカーの設計思想が浮き彫りになってきます。

材質はカバなどの、比較的しなりやすい木材を用います。しなることにより、打弦位置やハンマーの接弦時間が変わり、それがタッチによる音色の変化を引き起こします。

ピアノが語ってくれたもの

パッサージュメニュー

pick-upおすすめ記事

イベント情報

ブログ

パッサージュ動画

おすすめ記事

関連記事

入川 舜 ピアノサロンコンサート ~フレンチピアニズムとベートーヴェン~ 2022.7.31

入川 舜 ピアノサロンコンサート 2022.7.31 ~フレンチピアニズムとベートーヴ

記事を読む

「男のコンサート」Vol.44  2022年10月2日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.43 2022年10月2日(日) 開演13:

記事を読む

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

輸入ピアノの素朴な疑問 人ぞれぞれのピアノ選び 気になること、心配なこと 輸入ピアノ購入のため

記事を読む

サロン予約された方々へのご連絡 サロン・ド・パッサージュ臨時改正

2020年4月7日からの【ご利用内容 臨時改正】に変更はございません。 (追加、変更の場合は赤文字

記事を読む

お求めやすい“W.ホフマンVision V2”が、ベヒシュタイン・ヨーロッパから新登場!

W.ホフマンVision V2 モダンなインテリアに合う手頃なアップライトが欲しい。しかしパフォー

記事を読む

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ1 その1~41

以下の文章は(社団法人)日本ピアノ調律師協会 会報No.117・118(2002年)に投稿された文章

記事を読む

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ 2 ピアノの響板特性とハーモニー調律 その1~その48

以下の文章は(一般社団法人)日本ピアノ調律師協会 会報No.170・171(2020~21年)に投稿

記事を読む

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

「あなたにとって世界一素敵なお仕事は何でしょうか?」とたずねられたら? ピアノ調律師!と答えたいと

記事を読む

『ベヒシュタイン技術者の会』に向けて ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.3 ピアニストが一言『タッチ』と表現したとしても・・・

ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.3 ピアニストが一言『タッチ』と表現したとしても・・・  

記事を読む

C.BECHSTEIN M-180 貴重クラシックモデル復刻版 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

ベヒシュタイン M-180クラシック ベヒシュタインのシンボル的デザイン M-180クラシック

記事を読む

C.BECHSTEIN-L165の納品立会に行きました。

C.BECHSTEIN-L165の納品立会に行きました。 防音室で、念願のピアノライフ

記事を読む

サンドの別荘 ショパンの部屋 ピアノが語ってくれたもの-その8

ピアノが語ってくれたもの-その8 演奏者のスタイル Q.演奏者によって好みのタッチがあるのでしょ

記事を読む

なんか、ホッとするね。

なんか、ホッとするね。 ここは栃木県鹿沼市の多気山不動尊。 階段を登った上にある。

記事を読む

奏音の小箱 コンサート 2016.10.22

奏音の小箱一覧 奏音の小箱オフィシャルサイト

記事を読む

グロトリアン輸入総代理店の方々が…。

グロトリアン輸入総代理店の方々が…。 グロトリアン208のレッスン室スタジオオープンのお祝いに大阪

記事を読む

出会い輸入ピアノ その2 スタインウェイ

ドイツでグロトリアンピアノを制作していた一族がアメリカ・ニューヨークに渡って築き上げた演奏会

記事を読む

PAGE TOP ↑