*

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その27

公開日: : 最終更新日:2021/01/30 グロトリアン・ストーリー

ハノーファー音楽大学

ハノーファー音楽大学

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その27
正解は…。そう 耳の形をもじっているのだ。
blog_import_501d65908ef54
御覧のように多くのレッスン室・教室・練習室が並び、形を作っている。
ドイツやなぁ…。
blog_import_501d6597d65c9
バッカーさんはイギリス系だそうできっと手先が器用で細かい作業もこなす方なのだろう。
そ~いえば、国立調律科の後輩T君もはるばるニューヨークのジュリアード音楽院でピアノの管理技術者をやっているなぁ。
彼が渡米してもう20年以上かな。ジュリアードのピアノは100%ニューヨークスタインウェイだそうで驚いたものだが、ここハノーヴァーもグロトリアンが80台とは大したたまげた。

グロトリアンストーリー

パッサージュメニュー

pick-upおすすめ記事

ブログ

ピアノパッサージュ動画

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン

おすすめ記事 ベヒシュタイン

おすすめ記事 グロトリアン

おすすめ記事 ザウターピアノ

おすすめ記事 ペトロフピアノ

おすすめ記事 スタンウェイ

その後のお付き合い

ピアノ製造番号

ピアノが語ってくれたもの

おすすめ記事

関連記事

赤レンガのベヒシュタイン工場 その10

ベヒシュタインその音色の美しさ 赤レンガのベヒシュタイン工場 その10 ドイツの食事

記事を読む

ベヒシュタイン12nの調律に行った。

ベヒシュタインの調律に行った。 ピアニストが見守る中の緊張のお仕事中! おかあさんにレッ

記事を読む

ベヒシュタイン Mod.M-180 黒艶出

ベヒシュタインその音色の美しさ 仕様:BECHSTEIN Mod.M-180

記事を読む

赤レンガのベヒシュタイン工場 その21

ベヒシュタインその音色の美しさ 赤レンガのベヒシュタイン工場 その21 シャルロッテンブルグ

記事を読む

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -3

ベヒシュタインその音色の美しさ ・12nとclassic118の価格 12nは160万円~1

記事を読む

PAGE TOP ↑