*

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その4

公開日: : 最終更新日:2019/08/15 おすすめ記事, グロトリアン・ストーリー

フランクフルト駅

フランクフルト駅

グロトリアンに行ってきた その4
予定ではフランクフルト空港に入ってトランスファーでハノーファー空港のはずだったが…。
パイロットのストライキで飛行機が飛ばない?「おいおい!」と軽い突っ込みをかましたら、DB新幹線のチケットを手配してくれた。
ってなわけでやってきました。フランクフルターアルゲマイネ!ツァイテゥング?
ああ!新聞の宣伝か。
フランクフルト・アム・マインはピアニスト「サンソン・フランソワ」の出身地だそうで…。
家に彼女のLPレコードがあったっけなぁ。

[intlink id=”24695″ type=”post”]グロトリアンに行ってきた[/intlink]

パッサージュメニュー

pick-upおすすめ記事

ブログ

ピアノパッサージュ動画

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアン
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの

おすすめ記事

関連記事

なぜ?ペトロフ? その2 材質と構造

ピアノは多くの木材が響くように工夫してあります。ペトロフはベーゼンドルファーと同じように、使用木材を

記事を読む

なぜ?ペトロフ? その6 チェコのピアノ作り 戦と拡大

なぜ?ペトロフ? その6 チェコのピアノ作り 戦と拡大 1866年に勃発したオーストリア・プロシア

記事を読む

なぜ?ペトロフ? その5 チェコのピアノ作り 発祥

チェコは音楽家の国とよく言われます。創業141年にも及ぶペトロフ社の歴史の中で50万台以上のピアノが

記事を読む

なぜ?ペトロフ? その13 チェコのピアノ作り 工業立国

なぜ?ペトロフ? その13 チェコのピアノ作り 工業立国 チェコはもともと日本と同じく工業立国であ

記事を読む

ペトロフピアノの歴史 ロマンティックトーン ~響きの美しさ~

ホフマンピアノ展示中 ペトロフ展示ピアノ ペトロフの豊かでメロディックな音の秘密 現代

記事を読む

ニューヨークスタインウェイの納品に行きました。

ベヒシュタイン コントア118の納品に行きました。

Wir lieben BECHSTEIN  ベヒシュタイン アップライト比較試弾出来ます。

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.39  2021年2月21日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

新型コロナに伴う対応について パッサージュグループ

サロン予約された方々へのご連絡

2021年元旦 本年もよろしくお願いします。 ピアノパッサージュ株式会社

C.BECHSTEIN 12a 輸入ピアノ ピアノパッサージュ 

ベヒシュタイン L165の納品に行きました。

C.BECHSTEIN B112の調律に行きました。

W.STEINWERG 114 ドイツ製 綺麗な象嵌モデル 入荷しました。

GROTRIAN studio110の納品調律に行きました。

ベヒシュタイン C-232試弾会開催 2020.11.7~ 祝!サロン・ド・パッサージュにC.BECHSTEIN C-232(C91) が常備されました。

パッサージュブログ一覧

レクチャー&コンサート おしゃべり室内楽 vol.35 2020.12.6

ベヒシュタイン S-145 の納品に行きました。

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

今月のお勧めピアノ スタインウェイ K-132 ハンブルグ ウォルナット 艶消

GROTRIAN 112 の納品に行きました。

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 f0(エフゼロ)とピアノ響板特性

メーカー別おすすめ記事

尾崎プロフィール

→もっと見る

PAGE TOP ↑