*

戦前のベヒシュタイン ベルリンと言えば・・・

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN
 TS380661戦前のベヒシュタイン ベルリンと言えば・・・
今、ピアノパッサージュのショールームに衝撃のベヒシュタインがあるのだ。
グランドで型番はV 奥行き200cmのピアノである。
製作年は1885年。側板は角ばっている。
このピアノは、ベルリンのベヒシュタイン本社工場でマイスターらによって修復された記念の品である。今後、同じようなものが出る可能性は限りなく低いだろう。とてもとてーも貴重なものなのだ。
響板や駒、ピン板、弦、脚もベヒシュタイン純正パーツで交換されている。そんじょそこらの修復品とはわけが違う。すばらしい楽器だ。新品作るより手間かかっているのではないでしょうか?
詳しくは次回にお知らせするとして、響板文字も当時を再現するべく、3つの工場住所が書いてある。
今日はそれを見ていて思い出したのだ。
私がベルリン工場に行ったのはまだ、東ドイツの中に西ベルリンがあった時代。
ベヒシュタイン社長のシュルツェさんだったか、当時の副社長ボードシルマーさんだったか?ミーティングで戦前のベヒシュタイン工場の話しになったっけ。
戦前は世界を代表するピアノメーカーにベヒシュタインはなっていたそうだ。工場が3箇所あった。
1つ目が木工の工場。もう一つが組み立て工場。3つ目はオフィスとショールームがあり、設計図を保管する頭脳があるところ。
大戦の爆撃で木工と組み立て工場は、ほぼ全壊だったそうだ。オフィスビルだけがなんとか残り、戦後、職人たちが戻ってきて、設計図を頼りにベヒシュタインを復活させたらしい。物資も無い時代だ。大変だった事だろう。
また、幸運な事に3つ目の工場だけが西ベルリンで、他の二つは東側だったらしい。歴史のいたずらか、とにかく、ベルリンっ子はベヒシュタイントーンを復活させ、戦後の工場は西ベルリンに位置した。
赤レンガ作りの渋いその工場も、今はもう無い。
私がいた時に、工場移転の話しが出て、ベヒシュタイン工員ほぼ全員で新工場の下見に行ったことも思い出した。
そして、それから1年もせずに壁が崩壊した。
この楽器は、そのずっとずう-っと前の楽器なのだ。

おすすめ記事

関連記事

P1040845

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.33  2018年10月28日(日) 開演13:00 入場無料!

ブログ おすすめ記事 入場・懇親会参加申込 その他お問い合わせ 電話 03-5225-1

記事を読む

IMG_1529

今月のおすすめピアノ! C.BECHSTEIN A-3アカデミーモデル 優良中古

仕様:ベヒシュタイン A-3 アカデミーモデル 2008年製のとてもきれいなアカデミーです。 ベ

記事を読む

IMG_4154

今月のおすすめピアノ! プレイエル F-164 ローズウッド艶出し 貴重な逸品

写真:プレイエル  美しいローズウッド究極の外装です。 艶出しの高級感が漂います。 フレー

記事を読む

IMG_4134

今月のおすすめピアノ! C.BECHSTEIN コンサート8

BECHSTEIN コンサート8 黒艶出し 新品同様!超お買い得価格 夢のピアノ。160年以上に

記事を読む

Debussy_Zitatebild

Wir Liben BECHSTEIN  ベヒシュタイン弾き比べ聞き比べ

Wir Liben BECHSTEIN   ベヒシュタイン弾き比べ企画 好評により延長  ご

記事を読む

写真 1 (4)

ベヒシュタイン その音色の美しさ 輸入ピアノ BECHSTEIN

ブログ おすすめ記事  ベヒシュタイン現在のおすすめ展示ピアノ アカデミーA3 チェリー艶

記事を読む

2018-08-11 12-40

サロン・ド・パッサージュ 対話するピアノたち 内藤晃&渡邊智道(2台ピアノ) 2018.11.17

対話するピアノたち 内藤晃&渡邊智道(2台ピアノ) 2018.11.17 会場 サロン・ド・パ

記事を読む

IMG_1360

C.BECHSTEIN 12n 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

BECHSTEIN Mod.12n ウォルナット艶消しタイプ。お得なナイトーン付 上品な音色。楽

記事を読む

blog_import_501d3d12ad8c4

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法

トップページ おすすめ記事総集編 「あなたにとって世界一素敵なお仕事は何でしょうか?」と

記事を読む

2017_4_5

奏音の小箱 イベント 2017.5.4 5.20

奏音の小箱一覧 奏音の小箱オフィシャルサイト

記事を読む

この道はいつか来た道・・・

この道はいつか来た道・・・ ああ!そうだよ・・・ 君の前には道はない。君の後ろに道はできる。

記事を読む

blog_import_501d69a49e183

オ!442Hz

オ!442Hz 職業病かな? W124はどの速度で走っていても楽しいのだ。 何代か前のC280

記事を読む

namako Ⅱ にゃんにゃん日記その131

namako Ⅱ

記事を読む

カーボンシャフト・・・。

カーボンシャフト・・・。 最近ハマっているのがこれ。 非常に軽いのが特徴で、ピンから

記事を読む

PAGE TOP ↑