*

「神田川右岸のピアノ工房」 ピアノ修理

ピアノパッサージュホームボタン

ピアノにはそれぞれ個性があります。
その個性を分析・理解して修理を進める必要があります。
ピアノの状態をわかりやすく説明して、でオーナーの使用状況や目的をお尋ねしながら予算に合わせてアドヴァイスいたします。

ピアノパッサージュでは輸入ピアノの故障修理等に対応するべくヨーロッパの一流楽器を紹介販売する上での責任とお客様の安心のために、社内に専門の「神田川右岸のピアノ工房」を置いています。

修理にはわかりにくい事が多いですね。

博物館等の修復

楽器の現状を最も優先し、欠損部分等には最低限必要な最もオリジナルに近い材料を使用する。なるべくオリジナルを優先することが多いため演奏用には不向きな場合も多い。予算や時間も多くかかります。

部品交換優先の見てくれ第一の修理

修理するピアノの状態を確認せずに部品を交換する事を優先する修理。外装も全塗装しとてもきれいに仕上がります。
しかし、響板はオリジナルなので、その経年変化から来る響きに合わせた部品選びがなされることはまれで、外装も塗装膜が響きを変えてしまう事も少なからずあります。予算も多くかかります。

「神田川右岸のピアノ工房」の修理は上記二つの修理の間に位置すると考えます。
「神田川右岸のピアノ工房」はオーナーの満足が第一の目標です。
また、楽器として心に響く音作りを第二の目標とします。

心の響きを復活させるために、アフターフォローのために。

思い入れのあるご家庭のピアノの修理のご相談もお受けいたします。

ピアノには所有者の思い入れがあります。
その気持ちを理解しヒアリングを行い修理する内容を検討します。

レンナーハンマー

レンナーシャンク

響板の塗装を剥離中・・・。

響板のニスを薬品を使わず手作業で剥離しています。

この後響板を25%くらいの乾燥状態に置きひび割れ等の確認をします。

お問合せフォーム:ピアノ・パッサージュ

ピアノパッサージュへのご意見、お問い合わせは下記メールフォームより承っております。下記フォームに必要事項を記入し、送信ボタンをクリックしてください。
※返信までしばらくお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
※直接電話での問い合わせをご希望の場合は下記までご連絡ください。
電話:03-5225-1353

   
お名前必須
例:佐藤 一郎
メールアドレス必須
例:abc@mail.ne.jp
郵便番号
例:1120014
住所
例:東京都文京区関口1-1-3
TEL
例:03-5225-1353
ご要望
(複数選択可)必須
 ピアノ見学(試し弾き) ピアノ相談 ピアノ調律 ピアノ修理 ピアノ運送 ピアノ椅子 ピアノ付属品等 その他
お問合せ内容必須

  添付ファイル


展示ピアノメニュー

ピアノパッサージュホーム

ベヒシュタイン その音色の美しさ

展示ピアノ一覧

アクセスはこちら

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ベヒシュタイン

おすすめ記事総集編

その後のお付き合い

ピアノメーカー別製造番号一覧

ピアノが語ってくれたもの

パッサージュチャンネル動画


公開日:
最終更新日:2016/10/08

PAGE TOP ↑