*

ベーゼンドルファー ~究極のウィーナートーン~

公開日: : 最終更新日:2016/09/24 ベーゼンドルファー

  • ベーゼンドルファー工場

展示ピアノ一覧
 
ご試弾予約受付中 キャンペーン開催中!
ピアノパッサージュはサロン併設のショールームです。
サロンご利用中の時間帯はご試弾出来ない場合もございます。
ご希望のピアノを落ち着いてご試弾いただく為にも、事前ご予約をお願いします。
こちら 又は 電話03-5225-1353(11:00~19:00 月曜定休 祝日の場合翌日)
Eメール:info@pianopassage.jp

ウィーンで生まれた究極のピアノと言って過言ではないと思う。
ピアノ製作のお手本的メーカーだ。
国民性にも共通する戦略的発想で長い年月をかけてイメージと理論の調和が見事になされていると感じる。
ピアノ製作は楽器製作の中では規模が大がかりになるが故に物理的アプローチと感覚的アプローチが重要であると考える。
そのジレンマを克服するため、たゆまぬ努力を続けてきたメーカーだ。
その中で、特にモデル225は絶賛に値する。
なぜなら、弦のみならず響板インハーモニシティーも経験値で克服しその矛盾点を見事に解決していると感じるからだ。
大げさだが、良く人類がなしえたものだと調律していて常に感動する。
弦設計はテンションもインハーモニシティーも中庸。バス弦はイメージ優先で超ハイテンションとなっている。
クラヴィコードやウィーン式メカニックにルーツを持つためタッチ感と音の反応がフランス式とは明らかに異なるため、慣れないピアニストは反応の違いに苦労するかもしれない。
向いている作曲家は近現代まですべて。輸入元はヤマハで東中野で選定となる。
近々155cmの小型グランドピアノも制作を開始した。
出会いは国立音楽大学の507室のインペリアル97鍵290と恩師宅のモデル200だった。
その後イイノホールもインペリアルを導入したのでコンサート調律も多く行った。

お問合せフォーム:ピアノ・パッサージュ

ピアノパッサージュへのご意見、お問い合わせは下記メールフォームより承っております。下記フォームに必要事項を記入し、送信ボタンをクリックしてください。
※返信までしばらくお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
※直接電話での問い合わせをご希望の場合は下記までご連絡ください。
電話:03-5225-1353  

   
お名前必須
例:佐藤 一郎
メールアドレス必須
例:abc@mail.ne.jp
郵便番号
例:1120014
住所
例:東京都文京区関口1-1-3
TEL
例:03-5225-1353
ご要望
(複数選択可)必須
 ピアノ見学(試し弾き) ピアノ相談 ピアノ調律 ピアノ修理 ピアノ運送 ピアノ椅子 ピアノ付属品等 その他
お問合せ内容必須

  添付ファイル


展示ピアノメニュー

ピアノパッサージュホーム

ベヒシュタイン その音色の美しさ

展示ピアノ一覧

アクセスはこちら

おすすめ記事

関連記事

151224_fazi_f212_n2

輸入ピアノ FAZIOLI F-212 試弾会再開 

ザラフィアンツ5/18 ファツィオリF-212は、コンサートピアノの一つと言えましょう。その音

記事を読む

STEINWAY & GROTRIAN

スケジュール サロン予約状況

記事を読む

b1c262a8dfbcdbe1a26ab52962fa2f33

「男のコンサート」Vol.29  2017年5月21日(日) 開演13:00 入場無料!

入場・懇親会参加申込受付 電話 03-5225-1353 (受付時間11:00~19:00月曜定

記事を読む

日本ピアノ調律師協会の研修会に行った。

日本ピアノ調律師協会の研修会に行った。 今回はドイツの電動工具メーカー「ボッシュ」の製品説明や技術

記事を読む

恐竜

恐竜!!

恐竜!!

記事を読む

スタインウェイとヤマハのピッチ合わせ…。

スタインウェイとヤマハのピッチ合わせ…。 異なる設計のピアノの2台調律合わせは難しいものがある。

記事を読む

IMG_0410

橋本晴子 ピアノリサイタル

おすすめ記事メニュー おすすめ記事 ピアノサロン   おすすめ記事 ベヒシュタイ

記事を読む

090705_1621~0002

日本ピアノ調律師協会の研修会があった。

日本ピアノ調律師協会の研修会があった。 今回の内容はグランドピアノのハンマー交換。 調律師が30

記事を読む

PAGE TOP ↑