*

出会い 輸入ピアノ その4 ベーゼンドルファー

290ウィーンで生まれた究極のピアノと言って過言ではないと思う。
ピアノ製作のお手本的メーカーだ。
国民性にも共通する戦略的発想で長い年月をかけてイメージと理論の調和が見事になされていると感じる。
ピアノ製作は楽器製作の中では規模が大がかりになるが故に物理的アプローチと感覚的アプローチが重要であると考える。
そのジレンマを克服するため、たゆまぬ努力を続けてきたメーカーだ。
その中で、特にモデル225は絶賛に値する。
なぜなら、弦のみならず響板インハーモニシティーも経験値で克服しその矛盾点を見事に解決していると感じるからだ。
大げさだが、良く人類がなしえたものだと調律していて常に感動する。
弦設計はテンションもインハーモニシティーも中庸。バス弦はイメージ優先で超ハイテンションとなっている。
クラヴィコードやウィーン式メカニックにルーツを持つためタッチ感と音の反応がフランス式とは明らかに異なるため、慣れないピアニストは反応の違いに苦労するかもしれない。
向いている作曲家は近現代まですべて。輸入元はヤマハで東中野で選定となる。
近々155cmの小型グランドピアノも制作を開始した。
出会いは国立音楽大学の507室のインペリアル97鍵290と恩師宅のモデル200だった。
その後イイノホールもインペリアルを導入したのでコンサート調律も多く行った。

輸入ピアノ出会い編
 
ピアノが語ってくれたもの

パッサージュメニュー

pick-upおすすめ記事

イベント情報

ブログ

パッサージュ動画

おすすめ記事

関連記事

ホルヘ・ボレットとベヒシュタイン 輸入ピアノ BECHSTEIN

ベヒシュタインその音色の美しさ ホルヘ・ボレットは1914年キューバで生まれました。フ

記事を読む

サリーム・アシュカール(Pianist) -1 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム  ベヒシュタインその音色の美しさ 22歳でカーネギーホールにデビュー、ウィーン・

記事を読む

BECHSTEIN ポスタープレゼント

ホーム  ベヒシュタインその音色の美しさ BECHSTEIN ポスタープレゼント

記事を読む

ベヒシュタイン B112の納品に行った。 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタイン B112の納品に行った。 もう

記事を読む

サリーム・アシュカール(Pianist) -3 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム  ベヒシュタインその音色の美しさ 近年は、2016年春までセージ・ゲーツヘッドに

記事を読む

ベヒシュタイン コントア118の納品に行きました。

Wir lieben BECHSTEIN  ベヒシュタイン アップライト比較試弾出来ます。

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.39  2021年2月21日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

新型コロナに伴う対応について パッサージュグループ

サロン予約された方々へのご連絡

2021年元旦 本年もよろしくお願いします。 ピアノパッサージュ株式会社

スタインウェイ B-211 1987年製 入荷しました。STEINWAY&SONS 

ベヒシュタイン S-145の納入調律に行きました。

ヤマハ No.U3の納入調律に行きました。

GROTRIAN 112 ウォルナット 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

ベヒシュタイン B203 P.Yamauchi

グロトリアンの納品調律に行きました。

C.BECHSTEIN 12a 輸入ピアノ ピアノパッサージュ 

DIAPASONの調律に行きました。

ベヒシュタイン 12b の納入調律に行きました。

ベヒシュタイン L165の納品に行きました。

C.BECHSTEIN B112の調律に行きました。

W.STEINWERG 114 ドイツ製 綺麗な象嵌モデル 入荷しました。

GROTRIAN studio110の納品調律に行きました。

ベヒシュタイン C-232試弾会開催 2020.11.7~ 祝!サロン・ド・パッサージュにC.BECHSTEIN C-232(C91) が常備されました。

パッサージュブログ一覧

レクチャー&コンサート おしゃべり室内楽 vol.35 2020.12.6

ベヒシュタイン S-145 の納品に行きました。

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

今月のお勧めピアノ スタインウェイ K-132 ハンブルグ ウォルナット 艶消

GROTRIAN 112 の納品に行きました。

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 f0(エフゼロ)とピアノ響板特性

メーカー別おすすめ記事

尾崎プロフィール

→もっと見る

PAGE TOP ↑