*

プレイエル ~ショパンが愛したピアノ~

公開日: : 最終更新日:2019/10/09 おすすめ記事, プレイエル, プレイエルピアノ, プレイエル編

  • プレイエル街頭広告

ご試弾予約受付中 キャンペーン開催中!
ピアノパッサージュはサロン併設のショールームです。
サロンご利用中の時間帯はご試弾出来ない場合もございます。
ご希望のピアノを落ち着いてご試弾いただく為にも、事前ご予約をお願いします。
こちら 又は 電話03-5225-1353(11:00~18:30 月曜定休 祝日の場合翌日)
Eメール:info@pianopassage.jp

初代イグナーツ・プレイエルはハイドンに師事したこともある音楽家だった。
当時のフランスはエラールがレペティションを発明したり、パープがフェルトハンマーを採用したりで、ピアノ作りのメッカであった。
音楽家プレイエルはパープの工場長をヘッドハンティングして自分のイメージを優先した楽器作りを実現させようとする。
工場にはコンサートホール(サル・プレイエル)もあった。
また、「後世に伝えるべき芸術」とショパンの才能を認めパリでビューをサル・プレイエルで行った話は有名である。プレイエルのおかげで今日われわれはショパンの音楽を享受出来るのかもしれない。
イメージ優先のため弦長は長いが弦が細く柔らかいためインハーモニシティーは高くない。
理論だけでは通用しない最たる楽器だ。
1970年代にブランドはドイツに買収され、職人は当時フランス唯一のメーカー、ラモー社に移った。
その後ラモー社がプレイエルピアノブランドを買い戻し、プレイエルピアノ社として製作を再開した。
響板は比重の軽いクレモナ産を使用。明るく反応が速い。
出会いは平行弦の超豪華版貴族用モデル。このピアノは軽井沢の超高級ホテルに納品された。
その後プロバンスにあった工場に赴き製造現場の確認や日本のマーケティングに協力。
現在はパリに拠点を戻し、アップライトピアノの生産は中止し、特注グランドピアノのみを受注生産している。

写真:プレイエル ロマンチカ

IMG_0038IMG_0041IMG_0042IMG_0043IMG_0044

お問合せフォーム:ピアノ・パッサージュ

ピアノパッサージュへのご意見、お問い合わせは下記メールフォームより承っております。下記フォームに必要事項を記入し、送信ボタンをクリックしてください。
※返信までしばらくお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
※直接電話での問い合わせをご希望の場合は下記までご連絡ください。
電話:03-5225-1353 (11:00~18:30 月曜定休 祝日の場合は翌日)

   
お名前必須
例:佐藤 一郎
メールアドレス必須
例:abc@mail.ne.jp
郵便番号
例:1120014
住所
例:東京都文京区関口1-1-3
TEL
例:03-5225-1353
ご要望
(複数選択可)必須
 ピアノ見学(試し弾き) ピアノ相談 ピアノ調律 ピアノ修理 ピアノ運送 ピアノ椅子 ピアノ付属品等 その他
お問合せ内容必須

  添付ファイル


ピアノが語ってくれたもの

パッサージュメニュー

pick-upおすすめ記事

イベント情報

ブログ

パッサージュ動画

おすすめ記事

関連記事

大人のピアノ時代

大人のピアノ時代!!ピアノが語ってくれたもの-その41

ピアノが語ってくれたもの-その41 結論 Q.長い間、お疲れ様でした。整調の必要性から、基準寸法

記事を読む

インハーモニシティー早見表

インハーモニシティー早見表 ピアノが語ってくれたもの-その16

ピアノが語ってくれたもの-その16 49a弦長及び太さ早見表 Q.49aのインハーモニシティーが

記事を読む

Bechstein A3 の納品調律に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   Bechstein

記事を読む

DSCF3079-225x300

ピアノが語ってくれたもの その1~41総集編

以下の文章は社団法人 日本ピアノ調律師協会(当時)会報に投稿された文章を一部変更したものです。ピアノ

記事を読む

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -1

・輸入ピアノ 適切な管理が必要な理由 輸入ピアノは管理が大変、故障しやすい、という評価を耳にする方

記事を読む

PAGE TOP ↑