*

スタインウェイ STEINWAY&SONS

公開日: : 最終更新日:2017/08/11 おすすめ記事, スタインウェイ

  • スタインウェイ立て看板

ご試弾予約受付中
ピアノパッサージュはサロン併設のショールームです。
サロンご利用中の時間帯はご試弾出来ない場合もございます。
ご希望のピアノを落ち着いてご試弾いただく為にも、事前ご予約をお願いします。
こちら 又は 電話03-5225-1353(11:00~19:00 月曜定休 祝日の場合翌日)
Eメール:info@pianopassage.jp

スタインウェイの歴史

ドイツでグロトリアンピアノを制作していた一族がアメリカ・ニューヨークに渡って築き上げた演奏会用のピアノメーカー。

当時、長男・テオドールは物理学者・ヘルムホルツの助言をもとにヨーロッパの伝統的(イメージ優先)ピアノ製作方法に真っ向から挑戦した。
その後、ドイツ・ブラウンシュバイクに帰国し、ハンブルク・スタインウェイの製作を開始する。

スタインウェイの親方インプレッション

特徴はアメリカで育まれた総鉄骨の技術と多く物理科学的手法を取り入れて、逆転の発想から絶妙のテンションバランスを導き出している。弦のテンションは低めであるが、インハーモニシティーは高い。バス弦のインハーモニシティー分布は見事である。
イメージはニューヨークスタインウェイの印象派に対しハンブルクはロマン派に近い音作りをしているようだ。
ショパンやラフマニノフは向いているかも。
物理的な理論優先の楽器で、奏者側に立ったピアノ製作でタッチの反応と音のバランスの良さとパワーは全世界のピアニストが認めるところでもある。輸入元はスタインウェイ・ジャパンで、品川での選定となる。
出会いは国立音楽大学の507室そしてイイノホール。ともに「フルコン」と呼ばれるにコンサート用ピアノD274が最初だった。

お問合せフォーム:ピアノ・パッサージュ

ピアノパッサージュへのご意見、お問い合わせは下記メールフォームより承っております。下記フォームに必要事項を記入し、送信ボタンをクリックしてください。
※返信までしばらくお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
※直接電話での問い合わせをご希望の場合は下記までご連絡ください。
電話:03-5225-1353 (11:00~18:30 月曜定休 祝日の場合は翌日) 

   
お名前必須
例:佐藤 一郎
メールアドレス必須
例:abc@mail.ne.jp
郵便番号
例:1120014
住所
例:東京都文京区関口1-1-3
TEL
例:03-5225-1353
ご要望
(複数選択可)必須
 ピアノ見学(試し弾き) ピアノ相談 ピアノ調律 ピアノ修理 ピアノ運送 ピアノ椅子 ピアノ付属品等 その他
お問合せ内容必須

  添付ファイル


展示ピアノメニュー

ピアノパッサージュホーム

ベヒシュタイン その音色の美しさ

展示ピアノ一覧

アクセスはこちら

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ベヒシュタイン

おすすめ記事総集編

その後のお付き合い

ピアノメーカー別製造番号一覧

ピアノが語ってくれたもの

パッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

25-1-225x300

ベヒシュタイン クラシック118 輸入ピアノ BECHSTEIN

ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタイン クラシック118 輸入ピアノに興味をも

記事を読む

37e3808047553cedb34daa9b1d7ab2a31-225x300

ベヒシュタイン 12nの調律に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   ベヒシュタイン 12nの調律

記事を読む

IMG_4936

ベヒシュタイン コントア118の納入調律に行った 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタイン コントア118の納入調律に行った

記事を読む

13a559c104ad0a31e9c6558cd9184091-225x300

ベヒシュタインクラシック118 納品に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN このピアノに出会ってから、弾きたい気持ち

記事を読む

1421833522836-2

■ベヒシュタイン12bとベヒシュタインclassic118、それぞれのピアノ -2

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ・12bの設計はマイスターピースclassic118

記事を読む

PAGE TOP ↑