*

赤レンガのベヒシュタイン工場 その9

公開日: : 最終更新日:2021/01/30 おすすめ記事, 赤レンガのベヒシュタイン

ベヒシュタインその音色の美しさ

070822_1801

赤レンガのベヒシュタイン工場 その9
工場内、整調作業場はコンサートフリューゲルがいっぱいだった。
当時、キューバのピアニスト ホルヘ・ボレー氏とベヒシュタイン社がコンサートモデルを開発した直後だった。
サイズは奥行き280cm。モデルはEN(Emperor Neu エンペラー・ノイ)新皇帝だ。
このモデルでボレーは数枚のCDを録音している。中低音の分離のよさと高音部の透明感は、いままでの録音になかった新しい響きで驚いたっけ。

赤レンガベヒシュタイン工場

パッサージュメニュー

新着情報

イベントリポート

ブログ

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン

おすすめ記事 ベヒシュタイン

おすすめ記事 グロトリアン

おすすめ記事 ザウターピアノ

おすすめ記事 ペトロフピアノ

おすすめ記事 スタンウェイ

その後のお付き合い

ピアノ製造番号

ピアノが語ってくれたもの

ピアノパッサージュ動画

おすすめ記事

関連記事

なぜ?ペトロフ? その1 ルーツと使用目的

なぜ?ペトロフ? その1 ルーツと使用目的 ペトロフのルーツは「南ドイツ・ウィーン派」です。 南

記事を読む

なぜ?ペトロフ? その13 チェコのピアノ作り 工業立国

なぜ?ペトロフ? その13 チェコのピアノ作り 工業立国 チェコはもともと日本と同じく工業立国であ

記事を読む

なぜ?ペトロフ? その7 チェコのピアノ作り 宮廷御用達ピアノ

なぜ?ペトロフ? その7 チェコのピアノ作り 宮廷御用達ピアノ 1881年、アントニン・ペトロフは

記事を読む

工場見学 ペトロフピアノが出来るまで

ロマンティックトーン ペトロフ ペトロフピアノがなぜ、短期間にこれだけの進化を遂げたの

記事を読む

ペトロフ P118P1 ウォルナット艶消

ペトロフ P118P1 ウォルナット艶消マホガニー艶出 仕様:ペトロフ P118P1 ウォルナ

記事を読む

「男のコンサート」Vol.44  2022年10月2日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

ベーゼンドルファー170 の納品に行きました。 

ベヒシュタイン B203 ローズウッド入荷しました。

グロトリアン モデル200のご試弾会 開催 2022.9.21~

STEINWAY & SONS New York M170 の納品に行きました。 

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ 2 ピアノの響板特性とハーモニー調律 その1~その48

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ1 その1~41

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

『ベヒシュタイン技術者の会』に向けて ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.3 ピアニストが一言『タッチ』と表現したとしても・・・

No.0 6本脚 ピラミッドマホガニー艶出 輸入ピアノ ピアノパッサージュ 

ペトロフ 124 ウォルナット艶消  1979年製 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

GROTRIAN 200 1929年製 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

サロン予約された方々へのご連絡 サロン・ド・パッサージュ臨時改正

展示ピアノ「 UP・GP・価格別」

お求めやすい“W.ホフマンVision V2”が、ベヒシュタイン・ヨーロッパから新登場!

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

C.BECHSTEIN M-180 貴重クラシックモデル復刻版 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

C.BECHSTEIN-L165の納品立会に行きました。

長島剛子 梅本 実 リートデュオ・リサイタル ロマン派から20世紀へ PartⅣ

花崎薫、野田清隆 ヴェートーヴェン チェロと作品全曲演奏会 Vol.1 2022.11.20

ソレイユピアノコンサート Vol.6 2022.10.10

→もっと見る

PAGE TOP ↑