*

ハンマーヘッド ピアノが語ってくれたもの-その18

blog_import_501d3c364114bピアノが語ってくれたもの-その18
フェルトハンマーが語るピアノキャラクター
Q.フェルトハンマーのメーカーにはドイツやイギリス、日本に有名メーカーがありますね。
A. ピアノメーカーがハンマーを選択する場合、重さ、フェルトの質、形状そして価格が指針となります。量産型ピアノの場合は、コストダウンを優先しますから、価格が重要になるでしょう。また、セールストークを優先するならばヨーロッパの有名メーカー(例えばレンナーやアーベル)を使用したことのみを誇張するでしょう。
こだわったピアノメーカーの場合、フェルトの質を重視し、ピアノキャラクターにあった大きさ(重さ)や形状を作れるハンマーメーカーを吟味して注文します。また、一流メーカーは届けられたハンマーを再び自社で検品し、半分を返品するくらいの念の入れようです。それくらいハンマーの材質、重量、形状は「求める音」にとって重要な部分なのです。
フェルトの材質は整音作業の良否にかかわり、重量は打弦時の接弦時間にかかわるでしょう。また、形状は弦設計における弦の反発力の性質に関わる部分でしょう。
Q.太鼓をバチで打った時に音は太鼓から出るのか?バチから出るのか?と冗談みたいな議論もありますものね。(笑)
A. そうですね。拍手の音は右手?左手?(笑)
太鼓の場合は人の手首の返しによって打音を調整できますね。たたく位置も変えられます。ピアノの場合は位置は変わりません。それだけにフェルトの質が重要になります。最終的に調律師が整音(発音作業)を行い打弦時のハンマーの接弦時間を調整するわけです。その作業にしっかりと答えてくれるフェルトの腰や弾力、堅さ、繊維の絡み具合の持続性が必要なわけです。

ピアノが語ってくれたもの

パッサージュメニュー

pick-upおすすめ記事

イベント情報

ブログ

パッサージュ動画

おすすめ記事

関連記事

ペトロフ ロマンティックトーン ~響きの美しさ~

ホフマンピアノ展示中 初代アントニン・ペトロフはボヘミアでピアノ産業を開始した。 チェコ

記事を読む

PETROF  製造年 -製造番号

1900 -13000 1963 -94800 1990 -50

記事を読む

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -2

・ヨーロッパピアノを選ぶということ  ヨーロッパピアノを選ぶという事は、国産ピアノを選ぶことと比べ

記事を読む

ペトロフピアノの歴史 ロマンティックトーン ~響きの美しさ~

ホフマンピアノ展示中 ペトロフ展示ピアノ ペトロフの豊かでメロディックな音の秘密 現代

記事を読む

ペトロフ P118P1 ウォルナット艶消

ペトロフ P118P1 ウォルナット艶消マホガニー艶出 仕様:ペトロフ P118P1 ウォルナ

記事を読む

STEINWAY&SONS−Fの納品立会に行きました。

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.40  2021年5月9日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 (後編)更新中

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 (前編)

ペトロフ P118P1 ウォルナット艶出  2018年製

ベーゼンドルファー200 1984年製 入荷しました。

スタインウェイ K-132 ハンブルグ ダークウォルナットバードアイ 艶消

サロン予約された方々へのご連絡 サロン・ド・パッサージュ臨時改正

ペトロフの納品に行きました。

W.HOFFMANN WH162P の納品に行きました。

ベヒシュタイン コントア118 の納品調律に行きました。

C.BECHSTEIN クラシック118 新品入荷しました。 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

Wir lieben BECHSTEIN  ベヒシュタイン アップライト比較試弾出来ます。

ベヒシュタイン その音色の美しさ 輸入ピアノ BECHSTEIN

ピアノパッサージュブログ一覧

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

新型コロナに伴う対応について パッサージュグループ

ベヒシュタイン B203 P.Yamauchi

C.BECHSTEIN 12a 輸入ピアノ ピアノパッサージュ 

W.STEINWERG 114 ドイツ製 綺麗な象嵌モデル 入荷しました。

メーカー 製造番号一覧 おすすめ記事

プレイエルについて教えて下さい。

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 f0(エフゼロ)とピアノ響板特性

→もっと見る

PAGE TOP ↑