*

2008年4月12日 創業2周年感謝祭オープニング~ピアノコンサートとお話

公開日: : 最終更新日:2015/08/23 イベントリポート, パッサージュイベント

ピアノコンサートとお話~ピアノを聴いて知って楽しむ午後
2008年4月12日(土)14:00~16:00
於:サロン・ド・パッサージュ 主催:ピアノパッサージュ株式会社
企画:ムジークリーベ
ピアノ演奏:吉澤智早 お話:斎藤信哉

4月で創業二周年を迎えたピアノパッサージュ。3ヶ月に亘る感謝祭のオープニング・イベントが行われました。
桜の名残を楽しみつつ家族やお友達とピアノに親しむ会。30余名のお客様にご来場頂きました。

桜色のドレスをまとったピアニストの吉澤さんは、今回が二度目の登場。華やかで力強い演奏とプリンセスのような佇まいで、ピアノを勉強中の女の子達の憧れの的です。誰もがよく知っている”きらきら星変奏曲”では客席でメロディーをハミングする微笑ましい場面もありました。

演奏の後は、おなじみカリスマピアノアドヴァイザー斎藤さんのコーナー。今回はピアノとチェンバロの仕組みをお話しするだけでなく、解体を皆様にお楽しみ頂きました。電子楽器とは異なる仕組みを直接知る機会に、大人も子供も大はしゃぎです。
本物の楽器を前に、”プロの道具”チューニングハンマーを借りて調律にトライ!恐々チャレンジする方から大胆に取り組む方まで様々。これぞという機会に、立派なカメラで貴重な場面を熱心に撮影されるお客様もチラホラ。
ピアノをご購入下さり、思い出の場所として何度もイベントに来てくださるご家族、理想の一台に出会えず、悩み続けているお客様・・集うお客様の想いは様々です。

会の終了後には飲み物とお茶菓子を片手に、次々と試弾や歓談を楽しむお客様でにぎわいました。

“ぶらりと立ち寄り、本物に触れる。夢とくつろぎの空間”・・そんなピアノ空間が東京の真ん中に一つくらいあってもいい。そんな想いと供に少しずつ成長してきました。
これからもお客様とともに歩んでまいりたいと思います。
-スタッフ一同-

おすすめ記事

関連記事

ノアンのサロンにあるショパンが暮らしていた当時のピアノ ピアノが語ってくれたもの-その2

ピアノが語ってくれたもの-その2 耳がものさし Q.「整調とは演奏者の自己芸術表現のためのパート

記事を読む

大人のピアノ時代!!ピアノが語ってくれたもの-その41

ピアノが語ってくれたもの-その41 結論 Q.長い間、お疲れ様でした。整調の必要性から、基準寸法

記事を読む

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -2

輸入ピアノ 管理を怠るとピアノはどうなるか 輸入ピアノの管理を怠ると、湿温度変化の影響を受けます。

記事を読む

鍵盤初動の重さは? ピアノが語ってくれたもの-その19

ピアノが語ってくれたもの-その19 ハンマー重量のジレンマとフェルトの採用 Q.なるほど、フェル

記事を読む

C.BECHSTEIN クラシック118 新品入荷しました。 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

展示ピアノ「 UP・GP・価格別」 その音色の美しさ 仕様:ベヒシュタイン クラシック118

記事を読む

展示ピアノ「 UP・GP・価格別」

GROTRIAN 189 1976年製 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

C.BECHSTEIN 12n 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

サロン・ド・パッサージュ「鶴田留美子 プレリサイタル」 2022.8.27 土曜日 14:00

安井耕一 音楽講座 第1回 2022年8月5日(金)19:00

入川 舜 ピアノサロンコンサート ~フレンチピアニズムとベートーヴェン~ 2022.7.31

「男のコンサート」Vol.44  2022年10月2日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

サロン予約された方々へのご連絡 サロン・ド・パッサージュ臨時改正

お求めやすい“W.ホフマンVision V2”が、ベヒシュタイン・ヨーロッパから新登場!

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ1 その1~41

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ 2 ピアノの響板特性とハーモニー調律 その1~その48

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

『ベヒシュタイン技術者の会』に向けて ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.3 ピアニストが一言『タッチ』と表現したとしても・・・

C.BECHSTEIN M-180 貴重クラシックモデル復刻版 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

C.BECHSTEIN-L165の納品立会に行きました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑