*

アカデミー A.114 Compact ピアノが語ってくれたもの ユーザーレビュー編

download

『このピアノを弾くようになって、
今までのピアノの音の概念が変わった気がします。』

A.114 Compact 2016年購入

ユーザーレビュー

展示ピアノメニューボタン

展示ピアノ一覧はこちら

アクセスはこちら

ピアノパッサージュホーム

おすすめ記事メニューボタン

イベント情報はこちら

ベヒシュタイン

グロトリアンピアノ

スタンウェイはこちら

その後のお付き合いはこちら

メーカー製造番号はこちら

ピアノが語ってくれたもの

ピアノパッサージュ動画

おすすめ記事

関連記事

C.BECHSTEIN クラシック118 新品入荷しました。 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

その音色の美しさ 仕様:ベヒシュタイン クラシック118 ブランド

記事を読む

クボタチェンバロ スピネット 入荷しました

クボタチェンバロ スピネット クボタチェンバロ スピネット入荷しました。 仕様:クボタチェン

記事を読む

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.39  2021年2月21日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.39  2021年2月21日(日) 開演13:00

記事を読む

サロン予約された方々へのご連絡

内容に変更はございません。(追加、変更箇所は赤文字にて表示いたしております) #1月6日付け 1月

記事を読む

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

輸入ピアノの素朴な疑問 人ぞれぞれのピアノ選び 気になること、心配なこと 輸入ピアノ購入のため

記事を読む

ニューヨークスタインウェイの納品に行きました。

ニューヨークスタインウェイの納品に行きました。 1902年製、外装は希少価値の高いクラロウォー

記事を読む

ベヒシュタイン コントア118の納品に行きました。

ベヒシュタイン コントア118の納品に行きました。 デジタルピアノの不調がきっかけで探し始め

記事を読む

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

「あなたにとって世界一素敵なお仕事は何でしょうか?」とたずねられたら? ピアノ調律師!と答えたいと

記事を読む

Wir lieben BECHSTEIN  ベヒシュタイン アップライト比較試弾出来ます。

その音色の美しさ ベヒシュタインアップライト比較試弾出来ます。 弾き比べてみたい方も触れ

記事を読む

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 f0(エフゼロ)とピアノ響板特性

ピアノが語ってくれたものシリーズ        ピアノの響板特性とハーモニー調律  その1 

記事を読む

新型コロナに伴う対応について パッサージュグループ

平素よりパッサージュグループをお引き立ていただき、誠に有難うございます。 受付時間を11~18

記事を読む

ベヒシュタイン B203 P.Yamauchi

ベヒシュタイン B203 ベヒシュタインで出荷整音マイスターP.Yamauchiの手による修復 プ

記事を読む

C.BECHSTEIN 12a 輸入ピアノ ピアノパッサージュ 

その音色の美しさ BECHSTEIN Mod.12a ダークウォルナット艶消しタイプ。 柔

記事を読む

W.STEINWERG 114 ドイツ製 綺麗な象嵌モデル 入荷しました。

仕様:W.STEINWERG 114 外装がとても素敵な W.STEINWERG です。 ド

記事を読む

パッサージュブログ一覧

ブログ 新着プログ一覧 小さなピアニスト にゃんにゃん日記 ピアノメーカー

記事を読む

メーカー別おすすめ記事

ベヒシュタイン編スタインウェイ編グロトリアン編プレイエル編ベーゼンドルファー編ファツィオリ編ザウター

記事を読む

シェアハウスにC3の納品に行きました。

本日は、おめでとうございます。 新しいシェアハウスの音楽室(防音室)にヤマハC3が設置されました!

記事を読む

「唐津くんち」に30年ぶりに行った。その3

「唐津くんち」に30年ぶりに行った。その3 曳山のなかには、獅子以外にも上杉謙信・武田信玄の兜や浦

記事を読む

明治・大正の先駆者たち

明治・大正の先駆者たち 情報や材料の少なかった時代にここまでの楽器を日本人は作っていた。 その感

記事を読む

大好評!カリスマ調律師!

大好評!カリスマ調律師! 昨日、第2回目の「ひらけ!ピアノ」シリーズが開催された。 講師はお馴染

記事を読む

スタインウェイの調律に行った。

スタインウェイの調律に行った。 持主はイタリアでピアノコンチェルトのレコーディングを済ませたピアニ

記事を読む

PAGE TOP ↑