*

20世紀初頭のベヒシュタイン&スタインウェイ その10 響板の・・・

20世紀初頭のベヒシュタイン&スタインウェイ その10 響板の・・・

低音側の補助の木 何て呼ぶのだろう・・・
そしていつごろから取付られなくなったのだろう・・・

ベヒシュタイン 1901年IMG_1273

スタインウェイ NY1902年IMG_1265

プレイエル 1927年IMG_1279

スタインウェイ 1957年IMG_1277

ブリュートナー 1979年IMG_1278

スタインウェイに限らずベヒシュタインも1980年代後半から90年代前半にかけて響板の塗料や接着に変化が出てきている。
その一つがこの響板リム補助棒(仮名)

取付をやめた当時、スタインウェイの見解は長年職人技で現物合わせで慎重に響板を外リムに静かに沈めていく作業を行っていたが、やはり微妙な隙間が生じるので隙間隠しのために取り付けていたがNC工作機の採用でぴったりと接着可能になり不必要になったとの事だったような。

隙間をそのままにして制作するとIMG_1275こうなる。
音のとらえ方だから個人の感想ではあるが・・・
この隙間を埋めるだけでも音の雑味が消えて深みが出てくる。
響板補助棒を付けるとどうなるかやってみたい気もする・・・

現在は
スタインウェイ 2010年IMG_1264

ベヒシュタイン 2017年IMG_1274

ペトロフ 2017年IMG_1276

基本的に響板は上から圧力がかかるのだから、ぴったり接着できれば不要と考えられているようだ。
おそらくメーカーも取り付けた場合を比較して現在の塗料音響特性も考慮して取付けないほうがいいと判断したのだろう。
ちょっと寂しい気もするが・・・
耐久性はどうなのだろう・・・
また、現行モデルは響板塗装はポリウレタンが主流となって耐湿性は高くなっていると思われる。

ヴァイオリンはニス系を使っているので音色の深みを求めるならば以前の塗料が評価されるところもあるだろうが、メンテナンスや製造上のボトルネック、コスト、環境保全のことも踏まえて現在に至っているのかもしれない。
音の違いも多少あるが好みの範囲なのだろうか。

20世紀初頭のCB&STY総集編

パッサージュメニュー

pick-upおすすめ記事

ブログ

ピアノパッサージュ動画

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ベヒシュタイン

おすすめ記事 スタンウェイ

おすすめ記事

関連記事

「男のコンサート」Vol.44  2022年10月2日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.44 2022年10月2日(日) 開演13:0

記事を読む

ベーゼンドルファー170 の納品に行きました。 

ベーゼンドルファー170 の納品に行きました。  素敵なピアノとの出会いは人生をより豊かに

記事を読む

ベヒシュタイン B203 ローズウッド入荷しました。

ベヒシュタイン B203 ローズウッド ブランド ベヒシュタイン

記事を読む

グロトリアン モデル200のご試弾会 開催 2022.9.21~

初代・Friedrich GROTRIAN (ゲオルグ・フリードリッヒ・カール・グロトリアン)は18

記事を読む

STEINWAY & SONS New York M170 の納品に行きました。 

STEINWAY & SONS New York M170 の納品に行きました。  新

記事を読む

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ 2 ピアノの響板特性とハーモニー調律 その1~その48

以下の文章は(一般社団法人)日本ピアノ調律師協会 会報No.170・171(2020~21年)に投稿

記事を読む

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ1 その1~41

以下の文章は(社団法人)日本ピアノ調律師協会 会報No.117・118(2002年)に投稿された文章

記事を読む

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

輸入ピアノの素朴な疑問 人ぞれぞれのピアノ選び 気になること、心配なこと 輸入ピアノ購入のため

記事を読む

『ベヒシュタイン技術者の会』に向けて ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.3 ピアニストが一言『タッチ』と表現したとしても・・・

ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.3 ピアニストが一言『タッチ』と表現したとしても・・・  

記事を読む

No.0 6本脚 ピラミッドマホガニー艶出 輸入ピアノ ピアノパッサージュ 

エラール No.0 185 6本脚 ピラミッドマホガニー艶出 究極のピアノ エラール 6本脚 象嵌

記事を読む

ペトロフ 124 ウォルナット艶消  1979年製 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

ペトロフ 124 ウォルナット艶消 仕様:ペトロフ 124 ウォルナット艶消

記事を読む

GROTRIAN 200 1929年製 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

展示ピアノ「 UP・GP・価格別」 グロトリアン 189 グロトリアン 200 1929年製 入

記事を読む

サロン予約された方々へのご連絡 サロン・ド・パッサージュ臨時改正

2022年9月7日付け 10月5日更新予定 【ご利用内容 臨時改正】に変更はございません。 (追

記事を読む

展示ピアノ「 UP・GP・価格別」

展示ピアノ:アップライト 展示ピアノ:グランド 展示ピアノ:100万前後 展示ピアノ:

記事を読む

お求めやすい“W.ホフマンVision V2”が、ベヒシュタイン・ヨーロッパから新登場!

展示ピアノ「 UP・GP・価格別」 W.ホフマンVision V2 モダンなインテリアに合う手頃

記事を読む

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

「あなたにとって世界一素敵なお仕事は何でしょうか?」とたずねられたら? ピアノ調律師!と答えたいと

記事を読む

C.BECHSTEIN M-180 貴重クラシックモデル復刻版 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

  展示ピアノ「 UP・GP・価格別」 ベヒシュタイン M-180クラシック ベ

記事を読む

C.BECHSTEIN-L165の納品立会に行きました。

C.BECHSTEIN-L165の納品立会に行きました。 防音室で、念願のピアノライフ

記事を読む

サン=オートムホール ピティナ・ピアノステップ 本郷1月地区 2022.1.10

サン=オートムホール ピティナ・ピアノステップ 本郷1月地区 2022.1.10

記事を読む

ベヒシュタイン 12n の納品に行った。

ベヒシュタイン 12n の納品に行った。 無事納入され、一安心! まだ実感は湧かないけれど

記事を読む

ピアノの最適湿度は50%なのだ。

ピアノの最適湿度は50%なのだ。 今年の冬は異常乾燥が続き、寒い日も多かったので、ピアノには受難の年

記事を読む

プレイエル in France ピアノが語ってくれたもの-その29

ピアノが語ってくれたもの-その29 日本語ユニゾン? Q.何が違ったのでしょうか?やはり、音の聴

記事を読む

江戸川区総合文化センターにコンサート調律に行ったら…。

江戸川区総合文化センターにコンサート調律に行ったら…。 素敵なホールでイイノホールをちょっと思い出

記事を読む

「男のコンサート」Vol.44  2022年10月2日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

ベーゼンドルファー170 の納品に行きました。 

ベヒシュタイン B203 ローズウッド入荷しました。

グロトリアン モデル200のご試弾会 開催 2022.9.21~

STEINWAY & SONS New York M170 の納品に行きました。 

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ 2 ピアノの響板特性とハーモニー調律 その1~その48

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ1 その1~41

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

『ベヒシュタイン技術者の会』に向けて ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.3 ピアニストが一言『タッチ』と表現したとしても・・・

No.0 6本脚 ピラミッドマホガニー艶出 輸入ピアノ ピアノパッサージュ 

ペトロフ 124 ウォルナット艶消  1979年製 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

GROTRIAN 200 1929年製 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

サロン予約された方々へのご連絡 サロン・ド・パッサージュ臨時改正

展示ピアノ「 UP・GP・価格別」

お求めやすい“W.ホフマンVision V2”が、ベヒシュタイン・ヨーロッパから新登場!

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

C.BECHSTEIN M-180 貴重クラシックモデル復刻版 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

C.BECHSTEIN-L165の納品立会に行きました。

長島剛子 梅本 実 リートデュオ・リサイタル ロマン派から20世紀へ PartⅣ

花崎薫、野田清隆 ヴェートーヴェン チェロと作品全曲演奏会 Vol.1 2022.11.20

ソレイユピアノコンサート Vol.6 2022.10.10

→もっと見る

PAGE TOP ↑