*

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その25

公開日: : 最終更新日:2021/01/30 グロトリアン・ストーリー

blog_import_501d64d3b3a1f近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その25
構内中庭にはなんかようわからんもんが…。ドイツやなぁ…。
blog_import_501d64e0160b4音大には2名の専属調律師がいらっしゃるようで右の方は無口の職人気質ゲルベルト氏。
ピアノの前に座ったら、その眼光に鋭い輝きが…。
整調の鬼らしい。
その後「カタツムリ」というあだ名の練習室に行った。ここには多くのグロトリアンがあり、過激な使用頻度に耐えるように特別の調整をいろいろと実験中とのことだった。
blog_import_501d64e97202d
実際10年ほど毎日10時間以上使用されたグロトリアンのグランドを見たが、信じられないほどのクオリティーを維持していた。
2人の技術力とグロトリアンの品質に改めて非常に驚いたの図。

グロトリアンストーリー

パッサージュメニュー

pick-upおすすめ記事

ブログ

ピアノパッサージュ動画

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン

おすすめ記事 ベヒシュタイン

おすすめ記事 グロトリアン

おすすめ記事 ザウターピアノ

おすすめ記事 ペトロフピアノ

おすすめ記事 スタンウェイ

その後のお付き合い

ピアノ製造番号

ピアノが語ってくれたもの

おすすめ記事

関連記事

STEINWAY  製造年 -製造番号

1856 -1000 1934 -278000 1999 -54

記事を読む

ペトロフ ロマンティックトーン ~響きの美しさ~

ホフマンピアノ展示中 初代アントニン・ペトロフはボヘミアでピアノ産業を開始した。 チェコ

記事を読む

なぜ ペトロフ?

ホフマンピアノ展示中 その1 ルーツと使用目的 なぜ?ペトロフ? その1 ルーツと使用目的

記事を読む

BECHSTEIN  製造年 -製造番号

ベヒシュタインその音色の美しさ  BECHSTEIN  製造年 -製造番号

記事を読む

ペトロフ P118P1 ウォルナット艶消

ペトロフ P118P1 ウォルナット艶消マホガニー艶出 仕様:ペトロフ P118P1 ウォルナ

記事を読む

サロン予約された方々へのご連絡 サロン・ド・パッサージュ臨時改正

展示ピアノ「 UP・GP・価格別」

GROTRIAN 189 1976年製 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

C.BECHSTEIN 12n 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

サロン・ド・パッサージュ「鶴田留美子 プレリサイタル」 2022.8.27 土曜日 14:00

安井耕一 音楽講座 第1回 2022年8月5日(金)19:00

入川 舜 ピアノサロンコンサート ~フレンチピアニズムとベートーヴェン~ 2022.7.31

「男のコンサート」Vol.44  2022年10月2日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

お求めやすい“W.ホフマンVision V2”が、ベヒシュタイン・ヨーロッパから新登場!

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ1 その1~41

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ 2 ピアノの響板特性とハーモニー調律 その1~その48

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

『ベヒシュタイン技術者の会』に向けて ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.3 ピアニストが一言『タッチ』と表現したとしても・・・

C.BECHSTEIN M-180 貴重クラシックモデル復刻版 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

C.BECHSTEIN-L165の納品立会に行きました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑