*

シューマンというピアノに出会った。

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 ピアノ調律

b40afb29.jpgシューマンというピアノに出会った。
製作年は不明だが、アクションや外装のコンディションで予想すると、1965年くらいの製造だろう。
イギリス人が日本に持ってきたらしい。帰国するとかで友人宅に置いていった。
設計を調べるとどうもグロトリアンの影響が随所に出ていた。
超コンパクトサイズのピアノでした。

おすすめ記事

関連記事

ピアノコンサート in France ピアノが語ってくれたもの-その26

ピアノが語ってくれたもの-その26 「レンガ積み文化」とピアノ A. 継続こそが文化でしょうね。

記事を読む

ドゥオモ ピアノが語ってくれたもの-その23

ピアノが語ってくれたもの-その23 コンセプト Q.それでは、肌で感じた部分はどのようなところな

記事を読む

大人のピアノ時代!!ピアノが語ってくれたもの-その41

ピアノが語ってくれたもの-その41 結論 Q.長い間、お疲れ様でした。整調の必要性から、基準寸法

記事を読む

ルーブル美術館 ピアノが語ってくれたもの-その3

ピアノが語ってくれたもの-その3 異なるアプローチ Q.アプローチと言うと? A. 例えば調律

記事を読む

グロトリアン in Germany ピアノが語ってくれたもの-その31

ピアノが語ってくれたもの-その31 母音の大安売り A. 子音と母音がペアになって意味が発生する

記事を読む

PAGE TOP ↑