*

ベヒシュタイン整音研修会 アルブレヒト講師 CBJ八王子 2019.5.28

ホフマンピアノ展示中

ベヒシュタイン整音研修会 アルブレヒト講師 CBJ八王子 2019.5.28

まずは、レンツさんのヨーロッパにおけるピアノ市場の動向やベヒシュタイン、ホフマンの工場の説明から始まった。

技術的背景

DSC_0661その後、加藤社長の通訳の元、ベヒシュタイン自社ハンマー制作の説明が行われた。
thumbnail_IMG_2272自社ハンマーを制作する経緯について、決してコストダウンの為や、ハンマー専門メーカーの品質が悪いわけではないそうだ。
ハンマー専門メーカーはそれぞれのメーカーからの注文を受け作成してくれるわけだが、多くのピアノメーカーから平行に受注していて、どうしても時間がかかる。
それから取り付けて試作ハンマーの結果を確認するとどうしてもタイムラグが多いとのことであった。
また、ウッド材もピアノの個性に合わせて変えているとこの事だった。
白カエデとマホガニーそして、ウォルナットが使用されているそうだが、道管の太さや繊維の長さが異なり、それぞれの特性にあったピアノに使用されるそうだ
thumbnail_IMG_2270ハンマー交換を行った方なら経験することだが、新しいハンマーは最高音部と最低音部4~5本は硬化剤が必要な場合がある。つまりフェルト硬度がたりないことが多いのだ。
また、逆に中音部からミドルエンドあたりの硬度は高すぎて多く針を入れる必要が往々にしてあった。
そこでベヒシュタインは白フェルトの密度や形状を変え、アンダーフェルトの品質形状を探求し、ハンマーウッドにおいては幅・長さを絶妙に変化させて、ホットプレスでは表面が固くなるので、コールドプレスによりベヒシュタインピアノに合った音質音量バランスの取れたハンマーを制作しているそうだ。
ピアノ本体特性に合ったハンマーの硬度分布により、従来のような場所によって極端な量の針入れをする必要がなくなり、一部のフェルトに負担をかけることはなくなったそうだ。
最終的にはハンマー重量もとても重要で、ピアノとのマッチングテストも繰り返いし行われたようだ。(コンサートグランドに最も小型のハンマーを取り付けてみたり、これが意外にも期待以上に可能性があったそうだ。)
フェルトメーカーはヴォルツェン社製。
白いフェルトの中にマークの為の線がある。
1~3本までの種類があり、品質、密度を表しているそうだ。
(これ、以前ミレニアムのハンマーに付いていたので、マイスターヤマウチに期待を込めて質問したところ、「ただのマークですよ。」に「あ!そーなの。」とがっくりした覚えがある。)
この試行錯誤の結果、かなり自信が持てるハンマーが出来てきたとアルブレヒトさんも喜んでいた。
DSCN3550それでは実際にやってみよう。「うまいですねぇ。ぜひ、またザイフェナースドルフへきてください。」(笑い)
DSCN3558ドイツで受けた研修を思い出し点と点がつながってより、整音のイメージが理解できたようだ。
硬化剤はなるべく使用しないが、必要な場合もあり、以前のサンディングシーラーとアセトンから現在はコロジオンとジエチルエーテルを、7:3で割って使用しているそうだ。

パッサージュメニュー

ピアノレッスン

新着情報

pick-upおすすめ記事

イベント情報

ブログ

パッサージュ動画

おすすめ記事

関連記事

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -2

・ヨーロッパピアノを選ぶということ  ヨーロッパピアノを選ぶという事は、国産ピアノを選ぶことと比べ

記事を読む

グロトリアン ストーリー 輸入ピアノ GROTRIAN

グロトリアンシンギングトーン グロトリアンに行ってきた その1 近代ピアノのルーツ・グロトリ

記事を読む

GROTRIAN STEINWEG 200 1925年製 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

GROTRIAN シュタインベックの正統なる後継者(STEINWEG Nacht) ブラウンシュ

記事を読む

グロトリアン Contour 

グロトリアン Contour グロトリアン Contour 新品入荷しました! 仕様:グロト

記事を読む

グロトリアンの歴史

グロトリアン シンギングトーン GROTRIAN 初代・Friedrich GROTRI

記事を読む

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.43  2022年6月12日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

『ベヒシュタイン技術者の会』に向けて ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.3 ピアニストが一言『タッチ』と表現したとしても・・・

ヨーロッパ3大グランドピアノ 「モデル200の共演ご試弾会」 開催 2022.4.26~

Wir lieben BECHSTEIN  ベヒシュタイン アップライト 「しっかり比較試弾」会 開催 2022.4.26~

入川 舜 ピアノサロンコンサート ~フレンチピアニズムとベートーヴェン~ 2022.7.31

C.BECHSTEIN M-180 貴重クラシックモデル復刻版 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

C.BECHSTEIN-L165の納品立会に行きました。

サロン予約された方々へのご連絡 サロン・ド・パッサージュ臨時改正

C.BECHSTIN – S145 ベルリン製 のご納品おめでとうございます!

C.BECHSTEIN – S145 London製の納品調律に行きました。

ベヒシュタイン M-180の納入調律に行きました。

ベヒシュタイン 12bの納入調律に行きました。

C.Bechstein 12n の納品調律に行きました。

『ベヒシュタイン技術者の会』に向けて ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.2 ピタゴラスコンマへの挑戦『弦インハーモニシティー』ベヒシュタインの弦設計とは

ベヒシュタイン M-180 の納品に行きました。

GROTRIAN Chambre 165 の調律に行きました。

ベヒシュタイン 12bの納品に行きました。

GROTRIAN contour の納品に行きました。

ベヒシュタイン クラシック118 の納入調律に行きました。

C.BECHSTEIN クラシック118 新品入荷しました。 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

お求めやすい“W.ホフマンWH114P”が、ベヒシュタイン・ヨーロッパから

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ1 その1~41

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ 2 ピアノの響板特性とハーモニー調律 その1~その48

C.BECHSTIN S145 P.Yamauchi 納品立会に行きました。

ベヒシュタイン ミレニアム116K の納入調律に行きました。

お求めやすい“W.ホフマンVision V2”が、ベヒシュタイン・ヨーロッパから新登場!

ベヒシュタイン 12a の納入調律に行きました。

W.HOFFMANN T161 の納品立会に行きました。

Bösendorfer 120CL 1988年製 入荷しました。

『ベヒシュタイン技術者の会』発進

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

→もっと見る

PAGE TOP ↑