*

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -3

公開日: : 最終更新日:2019/08/15 おすすめ記事, ブログ

ザウターピアノ1・輸入ピアノと国産ピアノの違い
ヨーロッパピアノは日本だけでなく北南米、アジア諸国にも輸出されています。しかし通常ヨーロッパピアノメーカーは、気候の違う環境で使用するリスクを理由に設計や材質を変えることはありません。ヨーロッパのメーカーにとって最も重要なことは、メーカー独自の音色と響きを愉しめる楽器作りをすることであり、外装トラブルや鍵盤スティックに対応するために材質を変えたり人口素材を入れることはしないのです。ここがヨーロッパピアノと国産ピアノの大きな違いです。

ピアノが語ってくれたもの

パッサージュメニュー

pick-upおすすめ記事

イベント情報

ブログ

パッサージュ動画

おすすめ記事

関連記事

ベヒシュタイン クラッシック118 の調律に行きました。

ベヒシュタインその音色の美しさ ベヒシュタイン クラッシック118 の調律に行きました。 帰

記事を読む

ベヒシュタインアカデミーA114Modernの特徴 -3

ベヒシュタインその音色の美しさ ・ベヒシュタインアカデミーA114の価格 ザクセン州ザイフェ

記事を読む

ノアンのサロンにあるショパンが暮らしていた当時のピアノ ピアノが語ってくれたもの-その2

ピアノが語ってくれたもの-その2 耳がものさし Q.「整調とは演奏者の自己芸術表現のためのパート

記事を読む

赤レンガのベヒシュタイン工場 その11

ベヒシュタインその音色の美しさ 赤レンガのベヒシュタイン工場 その11 写真はピアノ工場の作

記事を読む

赤レンガのベヒシュタイン工場 その13

ベヒシュタインその音色の美しさ 赤レンガのベヒシュタイン工場 その13 ベヒシュタイン社長の

記事を読む

「男のコンサート」Vol.44  2022年10月2日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

ベーゼンドルファー170 の納品に行きました。 

ベヒシュタイン B203 ローズウッド入荷しました。

グロトリアン モデル200のご試弾会 開催 2022.9.21~

STEINWAY & SONS New York M170 の納品に行きました。 

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ 2 ピアノの響板特性とハーモニー調律 その1~その48

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ1 その1~41

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

『ベヒシュタイン技術者の会』に向けて ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.3 ピアニストが一言『タッチ』と表現したとしても・・・

No.0 6本脚 ピラミッドマホガニー艶出 輸入ピアノ ピアノパッサージュ 

ペトロフ 124 ウォルナット艶消  1979年製 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

GROTRIAN 200 1929年製 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

サロン予約された方々へのご連絡 サロン・ド・パッサージュ臨時改正

展示ピアノ「 UP・GP・価格別」

お求めやすい“W.ホフマンVision V2”が、ベヒシュタイン・ヨーロッパから新登場!

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

C.BECHSTEIN M-180 貴重クラシックモデル復刻版 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

C.BECHSTEIN-L165の納品立会に行きました。

長島剛子 梅本 実 リートデュオ・リサイタル ロマン派から20世紀へ PartⅣ

花崎薫、野田清隆 ヴェートーヴェン チェロと作品全曲演奏会 Vol.1 2022.11.20

ソレイユピアノコンサート Vol.6 2022.10.10

→もっと見る

PAGE TOP ↑