*

こんな時代もあ~ったねと~!(神田川右岸のピアノ工房鍵盤編)

公開日: : 最終更新日:2015/09/12 グランドピアノ, ピアノ修理, ピアノ史, ブログ, 神田川右岸のピアノ工房

ピアノパッサージュ株式会社こんな時代もあったねと~!(神田川右岸のピアノ工房鍵盤編)

この100年前のピアノ、キー初動の重さなんと100g強・・・。

現在の主流は50~55gを考えると倍のおも~いタッチ!とても弾く気にならない。

通常グランドピアノの調整鉛はバランスピンより前に入っているものなのだが・・・。

ここまで多く奥に入っているのは珍しい。初めて見た。全部取り外して、埋木をしなければ・・・の図。

これが噂に聞くダイリーグボール養成ギブスならぬスポ根ピアノなのだ。古文書の通りヨーロッパにもあったんだねぇ~。

日本でも50年くらい前に75gくらいまで重いタッチが流行した事があったようだけどねぇ・・・。

おすすめ記事

関連記事

ショパンの時代のピアノ ピアノが語ってくれたもの-その9

ピアノが語ってくれたもの-その9 タッチの種類とサウンドポイント Q.タッチについて具体的に話し

記事を読む

ベヒシュタイン in Germany ピアノが語ってくれたもの-その30

ピアノが語ってくれたもの-その30 使用言語における母音の位置と意味 Q.フランス語もドイツ語も

記事を読む

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -2

ベヒシュタインその音色の美しさ ・12nの設計はマイスターピースclassic118に引き継が

記事を読む

輸入ピアノ 特徴と違い -1 スタインウェイ&ベーゼンドルファー(高音部バックレングス編)

輸入ピアノ 特徴と違い -1  当社に展示中の輸入ピアノの違いを見ていきましょう。 スタ

記事を読む

田村美和 ベヒシュタイン プライベートレッスン 10月28日水曜日

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ 田村美和 ベヒシュタイン プライベートレッスン 10

記事を読む

Bösendorfer 170 ウォルナット艶消 入荷しました。

サロン予約された方々へのご連絡 サロン・ド・パッサージュ臨時改正

展示ピアノ「 UP・GP・価格別」

GROTRIAN 189 1976年製 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

C.BECHSTEIN 12n 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

サロン・ド・パッサージュ「鶴田留美子 プレリサイタル」 2022.8.27 土曜日 14:00

「男のコンサート」Vol.44  2022年10月2日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

お求めやすい“W.ホフマンVision V2”が、ベヒシュタイン・ヨーロッパから新登場!

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ1 その1~41

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ 2 ピアノの響板特性とハーモニー調律 その1~その48

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

『ベヒシュタイン技術者の会』に向けて ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.3 ピアニストが一言『タッチ』と表現したとしても・・・

C.BECHSTEIN M-180 貴重クラシックモデル復刻版 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

C.BECHSTEIN-L165の納品立会に行きました。

入川 舜 ピアノサロンコンサート ~フレンチピアニズムとベートーヴェン~ 2022.7.31

「太田裕子 ピアノリサイタル」 2022.10.14 金曜日 14:00

月瀬ホール主催・特別協賛コンサート 2022.7.27

→もっと見る

PAGE TOP ↑