*

こんな時代もあ~ったねと~!(神田川右岸のピアノ工房鍵盤編)

公開日: : 最終更新日:2015/09/12 グランドピアノ, ピアノ修理, ピアノ史, ブログ, 神田川右岸のピアノ工房

ピアノパッサージュ株式会社こんな時代もあったねと~!(神田川右岸のピアノ工房鍵盤編)

この100年前のピアノ、キー初動の重さなんと100g強・・・。

現在の主流は50~55gを考えると倍のおも~いタッチ!とても弾く気にならない。

通常グランドピアノの調整鉛はバランスピンより前に入っているものなのだが・・・。

ここまで多く奥に入っているのは珍しい。初めて見た。全部取り外して、埋木をしなければ・・・の図。

これが噂に聞くダイリーグボール養成ギブスならぬスポ根ピアノなのだ。古文書の通りヨーロッパにもあったんだねぇ~。

日本でも50年くらい前に75gくらいまで重いタッチが流行した事があったようだけどねぇ・・・。

おすすめ記事

関連記事

ベヒシュタイン コントア118の納入調律に行った 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム  ベヒシュタインその音色の美しさ ベヒシュタイン コントア118の納入調律に行っ

記事を読む

C.BECHSTEIN アカデミー A114  Modern 新品 入荷しました 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

その音色の美しさ ベヒシュタイン アカデミー A114  Modern 高さ114センチであ

記事を読む

Bechstein A3 の納品調律に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN Bechstein A3 の納品

記事を読む

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -2

ベヒシュタインその音色の美しさ ・12nの設計はマイスターピースclassic118に引き継が

記事を読む

赤レンガのベヒシュタイン工場 その8

ベヒシュタインその音色の美しさ 赤レンガのベヒシュタイン工場 その8 さて、いよいよ当時のベ

記事を読む

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.40  2021年5月9日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 (後編)更新中

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 (前編)

ペトロフ P118P1 ウォルナット艶出  2018年製

ベーゼンドルファー200 1984年製 入荷しました。

スタインウェイ K-132 ハンブルグ ダークウォルナットバードアイ 艶消

サロン予約された方々へのご連絡 サロン・ド・パッサージュ臨時改正

ペトロフの納品に行きました。

W.HOFFMANN WH162P の納品に行きました。

ベヒシュタイン コントア118 の納品調律に行きました。

C.BECHSTEIN クラシック118 新品入荷しました。 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

Wir lieben BECHSTEIN  ベヒシュタイン アップライト比較試弾出来ます。

ベヒシュタイン その音色の美しさ 輸入ピアノ BECHSTEIN

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

ピアノパッサージュブログ一覧

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

新型コロナに伴う対応について パッサージュグループ

ベヒシュタイン B203 P.Yamauchi

C.BECHSTEIN 12a 輸入ピアノ ピアノパッサージュ 

W.STEINWERG 114 ドイツ製 綺麗な象嵌モデル 入荷しました。

メーカー 製造番号一覧 おすすめ記事

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 f0(エフゼロ)とピアノ響板特性

→もっと見る

PAGE TOP ↑