*

グロトリアン・ファミリーという考え方・・・。

公開日: : 最終更新日:2015/10/15 グロトリアンピアノ

blog_import_501d6071b857eグロトリアン・ファミリーという考え方・・・。
音楽が好きでピアノが好きでそれぞれの立場でグロトリアンの魅力に魅せられて集まってきた人々。
企業は人であるを地で行くグロトリアンのコンセプトがそこにはあった。
人を大事にし、歴史と伝統を敬い、いいモノづくりをする基本がここにあった。
無理に企業を大きくしようとはせず、一貫生産にのみこだわり、グロトリアンピアノに誇りを持ち、苦しいときも皆で助け合い、喜びは分かち合う精神がそこにはたたずんでいた。
よきモノづくりに携わる人々の誇りと喜びが感じられた。
ブラウンシュヴァイクの町も、とても落ち着きのある町で、食べ物も素晴らしくおいしかった。ドイツの食事がこんなにいけるとは…本当に初めての経験だった。
この町を治めていた人は「ライオン」みたいな性格だったとか?ライオンの性格?いつもはゴロゴロしていて肝心な時には吠えるのかなぁ?… んでその後、町のシンボルはライオン像になったそうだ。写真は町の中心地にあるライオンの銅像。
そこに人が集まって、思いやりの暖かい心がいい音を作り続けるのだろうね。きっと…。
人を大切にする企業理念はピアノパッサージュ経営コンセプトにも通じるようにしたいものだ。

おすすめ記事

関連記事

サンタクローチェ教会 ピアノが語ってくれたもの-その39

ピアノが語ってくれたもの-その39 土台を学ぶこと A. 自分にとっての土台とは何だろう?基礎と

記事を読む

Bechstein A3 の納品調律に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN Bechstein A3 の納品

記事を読む

ピアノフレーム さび落とし ピン穴開け ピアノが語ってくれたもの-その12

ピアノが語ってくれたもの-その12 歴史が語るピアノキャラクター Q.ルーツを訪ねて、今を知るっ

記事を読む

インハーモニシティーとテンションの図 ピアノが語ってくれたもの-その17

ピアノが語ってくれたもの-その17 インハーモニシティーとテンション Q.同じくインハーモニシテ

記事を読む

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -3

・輸入ピアノと国産ピアノの違い ヨーロッパピアノは日本だけでなく北南米、アジア諸国にも輸出されてい

記事を読む

C.BECHSTIN S145 P.Yamauchi 納品立会に行きました。

年内 不在・休日 のご連絡 申し訳ありません

ベヒシュタイン ミレニアム116K の納入調律に行きました。

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

お求めやすい“W.ホフマンVision V2”が、ベヒシュタイン・ヨーロッパから新登場!

ベヒシュタイン 12a の納入調律に行きました。

ベートーベン生誕250周年記念 BEETHOVEN -松浦るみ子- ドイツ3大Bプログラム 2022.1.22

W.HOFFMANN T161 の納品立会に行きました。

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ 2 ピアノの響板特性とハーモニー調律 その1~その48

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ1 その1~41

サン=オートムホール ピティナ・ピアノステップ 本郷アナリーゼ地区 2021.12.12

サン=オートムホール ピティナ・ピアノステップ 本郷1月地区 2022.1.10

弦楽亭 第2回 那須クラシック音楽祭アカデミー 上位入賞者コンサート 2021.12.11

入川 舜 ピアノサロンコンサート ~フレンチピアニズムとベートーヴェン~ 2022.1.16 4.24 7.31

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.42  2022年2月6日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

サロン予約された方々へのご連絡 サロン・ド・パッサージュ臨時改正

Bösendorfer 120CL 1988年製 入荷しました。 調整中!

『ベヒシュタイン技術者の会』発進

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

32人のピアニストによる ベートーヴェンピアノソナタ全曲演奏会 2022.1.26 27

→もっと見る

PAGE TOP ↑