*

何をしている所でしょうか?  その6

公開日: : 最終更新日:2015/12/13 おすすめ記事, ピアノ作り何をしている所?, ピアノ技術関連

3732e41c.jpg何をしている所でしょうか?  その6
答 グランドピアノの側板を作っています。
現在ではベーゼンドルファーやペトロフを除いて、グランドピアノの側板は薄い板を何層にも合わせて曲げて接着して行きます。
経験上、この部分の材料や接着剤はピアノの重低音に大きく関係するようです。オーディオでも国産とヨーロッパ製の音の違いは低音に特に現れるそうですね。
作り方が同じようでも、材質の違いで製作コストや音が決定的に変わってくる部分のようです。
材料は超一流品がカエデやブッビンガー等を使用。その他は、細かい木材のパウダー状のものを固めたMDFプレートを使用します。量産品はラワン等になります。
完成してしまうと分かりづらい部分ですが、メーカーの販売価格帯によって最も差の出る部分でしょう。
ピアノ作り 何をしているのでしょうか?総集編

おすすめ記事

関連記事

CB118クラシック

ベヒシュタイン Classic118 新品入荷しました。 輸入ピアノ BECHSTEIN 決算期!展示中

ホーム  ベヒシュタイン その音色の美しさ 仕様:ベヒシュタイン Classic118

記事を読む

ベヒシュタインが自社工場にてハンマーヘッドの製作を開始 -3 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ 結果:より良い響きへ 最終的に大切なのはその音

記事を読む

Mod.12n

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -1

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ Mod.12n[/caption] ・12n

記事を読む

ベヒシュタイン クラシック118の納入調律に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   ベヒシュタイン クラシック1

記事を読む

ベヒシュタイン クラシック118

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -3

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ・12nとclassic118の価格 12nは16

記事を読む

PAGE TOP ↑