*

「BECHSTEIN・ナウ」その9 駒は弦の振動を響板に伝える重要な部分

公開日: : 最終更新日:2016/04/22 おすすめ記事, ベヒシュタインナウ

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN
 blog_import_501d58776fb33blog_import_501d5878d4fd0blog_import_501d587a5f391
駒作り
「駒は弦の振動を響板に伝える重要な部分です。」
「全体の形状や上面の削り方によってはピアノの音色にも影響する部分なので、ベヒシュタインの音を守るために非常に精度の高い加工を必要とします。」
「駒の制作精度と形状は一流ピアノかどうかの判断基準の一つと言って過言ではないでしょう。」
「特に弦が接触する部分を見ればピアノの良し悪しが判断できます。」
「職人の感性とコンピューター制御の工作機械の両方を駆使して最も注意を払って加工していく部分です。」
いつも素敵なピアノマイスター・アルブレヒト、私のために熱い説明ありがとう!

「BECHSTEIN・ナウ」総集編

おすすめ記事

関連記事

151224_fazi_f212_n2

輸入ピアノ FAZIOLI F-212 試弾会再開 

ザラフィアンツ5/18 ファツィオリF-212は、コンサートピアノの一つと言えましょう。その音

記事を読む

STEINWAY & GROTRIAN

スケジュール サロン予約状況

記事を読む

b1c262a8dfbcdbe1a26ab52962fa2f33

「男のコンサート」Vol.29  2017年5月21日(日) 開演13:00 入場無料!

入場・懇親会参加申込受付 電話 03-5225-1353 (受付時間11:00~19:00月曜定

記事を読む

フィリップ・カッサール

フィリップ・カッサールは1985年にパリにてクリスタ・ルートヴィヒ(メゾソプラノ)と共演して

記事を読む

140502_1923021-300x168

ファツィオリ 世界のO君ところに行ったら・・・。

ファツィオリ 世界のO君ところに行ったら・・・。 スペイン製の特性コンサートガス椅子が完成して

記事を読む

グロトリアンがナムショーから記念のパネルをもらったそうだ。

グロトリアンがナムショーから記念のパネルをもらったそうだ。

記事を読む

プレイエル148の調律に行った。

プレイエル148の調律に行った。 戦前のプレイエルだ。全てが堅牢に作られている。 時を経てより輝

記事を読む

130204_1547

ペトロフP‐Vの調律に行った。

ペトロフ]P‐Vピアノ調律に行った。 お姉ちゃんが、悲愴の3楽章を弾いてくれた。ペトロフならで

記事を読む

PAGE TOP ↑