*

■ヨーロッパピアノ 音色が変化する面白さ -1

公開日: : 最終更新日:2019/08/15 おすすめ記事, ブログ

ケルン大聖堂内部5・ピアノの織りなす音色とは
 ヨーロッパで作られたピアノは、弾き方や感情移入で様々な音色を引き出すことが出来ます。音色とは音の色と書くように、色合いや濃淡をコントロールすることにより、立体感や遠近感を演出することの出来る、音楽を創る上で非常に重要なファクターとなります。
 音色の変化に富んだピアノは、例えていうならパレットに載せられた絵の具の色が多いということです。もしパレットに白と黒しかなければ、白、黒、灰色3種類の色しか作ることが出来ません。しかし赤、青、黄色といった絵の具がそのパレットにあれば、紫、黄緑、ピンクetc…多彩な音色を奏でることが出来ますし、だからこそ、移り変わり易い人の心の微妙な変化までも音に還元することが出来るのです。

ピアノが語ってくれたもの

パッサージュメニュー

pick-upおすすめ記事

イベント情報

ブログ

パッサージュ動画

入川 舜 ピアノサロンコンサート ~フレンチピアニズムとベートーヴェン~ 2022.1.16 4.24 7.31

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.42  2022年2月6日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

ベヒシュタイン ミレニアム116K の納品に行きました。

W.HOFFMNN vision V2 の納品に行きました。

C.BECHSTEIN-S145の納品に行きました。

Bösendorfer 120CL 1988年製 入荷しました。 調整中!

ベヒシュタイン 12b チッペンデール 

GROTRIAN カレッジ 1991年製 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

GROTRIAN コントア 2013年製 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

お求めやすい“W.ホフマンVision V2”が、ベヒシュタイン・ヨーロッパから新登場!

コンサートロイヤル調律中

ベヒシュタイン 12a の納品に行きました。

『ベヒシュタイン技術者の会』発進

ペトロフP118の納入調律に行きました。

STEINWAY & SONS – Z114 の納品調律に行きました。

杵さんちのグロトリアン その3  鍵盤修復中

C.BECHSTEIN コンサート8n 1969年製 入荷しました。オリジナル 価格も魅力です。 

スタインウェイ アップライト Z114 STEINWAY&SONS 

C.BECHSTEIN クラシック118 新品入荷しました。 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

ベヒシュタイン 12b チッペンデール 入荷しました。 調整中!

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ 2 ピアノの響板特性とハーモニー調律 その1~その48

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

サン=オートムホール ピティナ・ピアノステップ 本郷アナリーゼ地区 2021.12.12

サン=オートムホール ピティナ・ピアノステップ 本郷1月地区 2022.1.10

ホール・サロン別 イベント情報

演奏者一覧 イベント情報

弦楽亭 第2回 那須クラシック音楽祭アカデミー 上位入賞者コンサート 2021.12.11

→もっと見る

PAGE TOP ↑