*

赤レンガのベヒシュタイン工場 その10

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 おすすめ記事, 赤レンガのベヒシュタイン

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN
 
070822_1800

赤レンガのベヒシュタイン工場 その10
ドイツの食事は質素であった。ドイツでおいしかったのはビールとソーセージ。
どこの案内書にも書いてあることだが、その通りだった。
ベヒシュタイン工場での昼食は契約している弁当屋から配達されたもの。
予約弁当の値段に上と並があった。並を注文していたので少々がっかりだった。
日本の食事は栄養のバランスを一回の食事ごとに考えて色とりどりだ。
しかし、ベヒシュタインでの昼食は違った。どうも一週間で栄養バランスを考えているようだった。ある日は全部ジャガイモ!!次の日は全部きゅうり!!そして次の日は全部ハンバーグ。
弁当箱の中が全部きゅうりの日は目が点になって、とても悲しくなったっけ。
故 杵淵直知さんの書簡集「ヨーロッパの音を求めて」で、心に残った言葉「味の素を送ってくれ!」「大々大至急、味の素を送ってもらいたい。」を思い出してしまった。

赤レンガのベヒシュタイン工場 総集編

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

Mod.12n

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -1

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ Mod.12n[/caption] ・12n

記事を読む

ピアノパッサージュ

ベヒシュタイン Mod.M-180 黒艶出

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN[/intlink] 仕様:BECHSTE

記事を読む

ショパン プレイエル

ノアンのサロンにあるショパンが暮らしていた当時のピアノ ピアノが語ってくれたもの-その2

ピアノが語ってくれたもの-その2 耳がものさし Q.「整調とは演奏者の自己芸術表現のためのパート

記事を読む

サンド

ジョルジュ・サンド ピアノが語ってくれたもの-その1

ピアノが語ってくれたもの-その1 整調(ピアノアクション調整)の必要性について Q.最初に整調の

記事を読む

セーヌ川

セーヌ ピアノが語ってくれたもの-その5

ピアノが語ってくれたもの-その5 鍵盤はカートリッジ? Q.調律師の意見の中に「整調全項目を行な

記事を読む

PAGE TOP ↑