*

なぜ?ペトロフ? その7 チェコのピアノ作り 宮廷御用達ピアノ

公開日: : 最終更新日:2015/10/15 なぜ?ペトロフ

blog_import_501d3d61a2c87なぜ?ペトロフ? その7 チェコのピアノ作り 宮廷御用達ピアノ
1881年、アントニン・ペトロフは、鍵盤とアクションの製造工場を開いています。また、アップライトピアノの製造も始めました。高い品質のピアノは家庭や学校、劇場、コンサートホールで見受けられるようになってきました。また、国内の博覧会にとどまらず、かずかずの賞を受賞しました。1894年になると、輸出が始まり、ピアノ製造を拡大して行きました。1895年にはオーストリア皇帝から「宮廷御用達ピアノ製造提供者」に任じられています。

おすすめ記事

関連記事

7-1-300x225

ベヒシュタイン A3(プレミアム B116 COMPACT) 輸入ピアノ BECHSTEIN

ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタイン A3(プレミアム B116 COMPACT)

記事を読む

070814_1009

赤レンガのベヒシュタイン工場 その1

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   赤レンガのベヒシュタイン工場

記事を読む

100414_1539~01

ベヒシュタイン12nの調律に行った。

ベヒシュタインの調律に行った。 ピアニストが見守る中の緊張のお仕事中! おかあさんにレッ

記事を読む

DSC_0405-2

ベヒシュタイン12bとベヒシュタインclassic118、それぞれのピアノ -3

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ 12bとclassic118の価格 1

記事を読む

ベヒシュタイン12b

■ベヒシュタイン12bとベヒシュタインclassic118、それぞれのピアノ -1

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタイン12b ・12bはベヒシュタイ

記事を読む

PAGE TOP ↑