*

リスト ピアノが語ってくれたもの-その38

blog_import_501d3d0267bb5ピアノが語ってくれたもの-その38
「江戸っ子」は3代目?
Q.教えてもらうより、自分で発見することの喜びは大きいでしょうね。
A. そうですね。しかし、それにしてもやはり土台は重要ですね。特にピアノの場合、ヨーロッパ人に比べてハンデキャップがありますからね。
Q.土台ですか?よく「ピアニスト」とか「江戸っ子」は3代目からとか言いますが・・・。
A. 文化はそのくらいのスパンで考えないと継承が難しいってことでしょう。その土地に根付くことが重要でしょうね。話しがそれるかもですが、喜ばしいことに、マクロ的に見ますと今の日本のピアノ世代は3代目の時代に入ったようですよ。つまり、根付いてきたんです。
これは、東洋の人類文化史から見るときっと凄いことでしょうね。明治維新の富国強兵と共に国家政策で西洋音楽教育が重要視されたわけですが、その入り口はともかく、そのすばらしい文化を理解し、次世代に伝えた先輩諸氏の感性と努力に感謝感謝ですね。
Q.今、日本でも、大人のピアノが大ブームですね。自然体でピアノを楽しもうとする空気が感じられます。
A. そう。アカデミックなものも重要ですが、一般的な音楽ファン、ピアノファンが広い世代で活動をおこされていますね。すばらしいことです。

ピアノが語ってくれたもの 総集編

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアン
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
パッサージュチャンネル動画

サロン・スタジオメニュー

サロンご利用案内はこちら
 
スタジオはこちら
 
サロン予約までの流れはこちら
 
フロア案内はこちら
 
サロン休日スケジュールはこちら
 
料金表印刷用はこちら
 
アクセスはこちら

サロン・ド・パッサージュ関連記事

ピアノの先生 世界一素敵な職業
 
おすすめ記事総集編

おすすめ記事

関連記事

IMG_2860

スタインウェイ M-170 ハンブルグ 特別価格展示中

トップページ  アクセス スタインウェイ STEINWAY&SONS スタインウェイ M-1

記事を読む

img_0014

ピアノパッサージュ ベヒシュタイン Mod.L-165 黒艶出 入荷しました 調整中!

仕様:BECHSTEIN Mod.L-165 現在調整中です。

記事を読む

000

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.31  2018年3月21日(祝水) 開演13:00 入場無料!

トップページ 入場・懇親会参加申込 その他お問い合わせ 電話 03-5225-1353

記事を読む

2

20世紀初頭のベヒシュタイン&スタインウェイ 総集編 更新中

トップページ1901年と1902年 ベヒシュタインV-200 クラシック 1901年 1901年

記事を読む

blog_import_501d3d12ad8c4

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法

トップページ おすすめ記事総集編 「あなたにとって世界一素敵なお仕事は何でしょうか?」と

記事を読む

IMG_0769

ピアノパッサージュ グロトリアン コントア 新品 輸入ピアノ GROTRIAN 展示中

トップページ  アクセス グロトリアンコンサートロイヤル月瀬ホール グロトリアン 甘い音

記事を読む

IMG_0504

ピアノパッサージュ プレイエル F-164 ローズウッド艶出し 貴重な逸品

ホーム  アクセス 展示ピアノ一覧 写真:プレイエル  超

記事を読む

blog_import_501d69f6080f8

久保田チェンバロ工房に寄った。その2

久保田チェンバロ工房に寄った。その2 工房は登り窯の様に三段の階段状に工房部屋が三つあった。 入

記事を読む

image1

ペトロフ P125の調律に行った。

ペトロフ P125の調律に行った。 私のお気に入りのピアノ ペトロフのピアノがお

記事を読む

スタジオの調律に行った。

スタジオの調律に行った。 鏡に映る自分を眺め・・・。 まぁ素敵!!とは思わないけど・・・。 状

記事を読む

グロトリアン208が入荷した。

グロトリアン208が入荷した。 とてもきれいな支柱と響板だねぇ~。 クララ・シューマンが愛したグ

記事を読む

130225_191201-300x180

グロトリアンの調律に行った。

グロトリアンの調律に行った。 純粋で素直で…そしてよく歌うグロトリアン。 人の声に似た感

記事を読む

PAGE TOP ↑