*

「BECHSTEIN・ナウ」その16 弦張り

公開日: : 最終更新日:2016/04/22 おすすめ記事, ベヒシュタインナウ

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN
 DSC0088701310130調弦
弦張り
弦にねじれや傷をつけないように、1本1本丁寧に弦を張ってくれています。
低音弦は工場内で製作されるベヒシュタイン特製の巻線です。
ベヒシュタイントーンの支えになる重低音は多くの試行錯誤の中から匠の技術で支えられ受け継がれています。
弦を張られた私のボディは内部に約20トンもの緊張を持つことになります。最初はやっぱりびっくりします。
そこでまたシーズニングされて次の工程を待ちます。

「BECHSTEIN・ナウ」総集編

おすすめ記事

関連記事

フレデリック・ショパン

フレデリック ショパン ピアノが語ってくれたもの-その10

ピアノが語ってくれたもの-その10 使用状況のスタイル Q.ピアノのおいてある部屋の響きにも音は

記事を読む

フレームサーフェーサー2

ピアノフレーム サーフェーサー処理-2 ピアノが語ってくれたもの-その14

ピアノが語ってくれたもの-その14 インハーモニシティー Q.それでは、次に、弦設計(メンズレー

記事を読む

39-1-300x225

ベヒシュタインピアノ工場 ナウ 輸入ピアノBECHSTEIN

ホーム  ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタインピアノベルリン ベヒシュタイ

記事を読む

大人のピアノ時代

大人のピアノ時代!!ピアノが語ってくれたもの-その41

ピアノが語ってくれたもの-その41 結論 Q.長い間、お疲れ様でした。整調の必要性から、基準寸法

記事を読む

SONY DSC

ピアノパッサージュ 技術動画 調律編

ホーム    ピアノパッサージュスタッフ調律師の作業

記事を読む

PAGE TOP ↑