*

DIAPASONの調律に行きました。

公開日: : 最終更新日:2021/01/21 アップライトピアノ, ピアノ史, ブログ, ブログ一覧, 小さなピアニスト, 新着

DIAPASONの調律に行きました。

DSC_0018日本でのピアノ製作には沢山の神様と呼ばれた方々がいます。
その神様の一人、大橋幡岩氏がベヒシュタインを参考に設計されたピアノです。
作られて45年が経ち、今も甘い音色を醸し出しています♪

調律をしている時に、作ってくれました!
お見事!!

お問合せ

Eメール:info@pianopassage.jp
※返信までしばらくお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

TEL:03-5225-1353
11:00~18:30月曜定休 (祝日の場合翌日)
ご連絡をお待ちしています。

パッサージュメニュー

新着情報

pick-upおすすめ記事

イベント情報

ブログ

パッサージュ動画

おすすめ記事

関連記事

ベヒシュタインが自社工場にてハンマーヘッドの製作を開始 -3 輸入ピアノ BECHSTEIN

ベヒシュタインその音色の美しさ 結果:より良い響きへ 最終的に大切なのはその音(響き)で

記事を読む

赤レンガのベヒシュタイン工場 その20

ベヒシュタインその音色の美しさ 赤レンガのベヒシュタイン工場 その20 休日にベルリ

記事を読む

赤レンガのベヒシュタイン工場 その21

ベヒシュタインその音色の美しさ 赤レンガのベヒシュタイン工場 その21 シャルロッテンブルグ

記事を読む

ベヒシュタイン響板

戦前のベヒシュタイングランドピアノ ベルリンと言えば・・・

ベヒシュタインその音色の美しさ 衝撃のベヒシュタインピアノがあるのだ。 グランドで型番はV 

記事を読む

赤レンガのベヒシュタイン工場 その12

ベヒシュタインその音色の美しさ 赤レンガのベヒシュタイン工場 その12 ベヒシュタイン新工場

記事を読む

PAGE TOP ↑