*

Wir lieben BECHSTEIN ベヒシュタイントーンはこうして生まれる! 高品質なベヒシュタインピアノの技術的背景 O-3

公開日: : 最終更新日:2019/10/01 おすすめ記事, ピアノ技術関連, ベヒシュタインピアノ

CB_Verkaufsargumenter_JP_Screen-004 (5)ベヒシュタインはヨーロッパのピアノメーカーで唯一自社でのハンマーヘッド製作を製造します。。
ハンマーヘッドはピアニストのタッチ、力やニュアンスを弦に伝える重要な部分です。
音楽的な響きやダイナミックをいかに正確に伝えるか、大きな変化を与えるかはハンマーヘッドの品質によって決まります。

自社開発ゆえにそれぞれの機種に対してフェルト密度や重さ、ハンマーウッドの材、サイズを適合させることが可能になりました。
適合することは高品質を維持する種も重要なポイントです。

CB_Verkaufsargumenter_JP_Screen-004 (6)アクションは専門セクションで制作、整調、整音されます。
各部品の使用テストやシーズニングが行われ、コンサートチューナーとピアニスト、そして、制作現場での情報交換でより良いメカニックを目指しています。

“C. Bechstein Resonances ”ベヒシュタインの魅力

C. Bechstein Resonances: Hammer heads

「ベヒシュタインの響き:ハンマーヘッド」
ハンマーヘッドは一般的にサプライヤーで製造されたものが使用されますが、ベ
ヒシュタインは社外製のハンマーヘッドの品質に満足せず、独自の基準に従って
自社製ハンマーヘッドを生産することに心血を注いできました。ベヒシュタイン
は現在、ヨーロッパで唯一の自社製のハンマーヘッドを生産しているピアノメー
カーです。頑丈なハンマーウッドを弾力性のある強力なフェルトで覆った、この卓
越したハンマーヘッドは、高水準の要求に応えるべく、様々なプロセスを経て作ら
れております。

パッサージュメニュー

pick-upおすすめ記事

ブログ

ピアノパッサージュ動画

おすすめ記事

関連記事

スタインウェイ Z 114 の納品に行った。

スタインウェイ Z 114 の納品に行った。 年内に納品が出来て、本当に良かったですね♪

記事を読む

フルートとピアノで 榛葉朋子×名取典子 2015年11月20日

記事を読む

■輸入ピアノ ハンマーシャンクの工夫 -2

・輸入ピアノのハンマーシャンク取り付け 輸入ピアノは人の手によって作られます。人の手で作ることで、

記事を読む

パッサージュ 3台・4台ピアノ練習もご相談ください。

3台・4台ピアノ練習もご相談ください。 出来る限りご協力いたします。 申し込みお問合せ 電

記事を読む

ピアノが語ってくれたもの その1~41総集編

以下の文章は社団法人 日本ピアノ調律師協会(当時)会報に投稿された文章を一部変更したものです。ピアノ

記事を読む

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.40  2021年5月9日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 (後編)更新中

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 (前編)

ペトロフ P118P1 ウォルナット艶出  2018年製

ベーゼンドルファー200 1984年製 入荷しました。

スタインウェイ K-132 ハンブルグ ダークウォルナットバードアイ 艶消

サロン予約された方々へのご連絡 サロン・ド・パッサージュ臨時改正

ペトロフの納品に行きました。

W.HOFFMANN WH162P の納品に行きました。

ベヒシュタイン コントア118 の納品調律に行きました。

C.BECHSTEIN クラシック118 新品入荷しました。 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

Wir lieben BECHSTEIN  ベヒシュタイン アップライト比較試弾出来ます。

ベヒシュタイン その音色の美しさ 輸入ピアノ BECHSTEIN

ピアノパッサージュブログ一覧

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

新型コロナに伴う対応について パッサージュグループ

ベヒシュタイン B203 P.Yamauchi

C.BECHSTEIN 12a 輸入ピアノ ピアノパッサージュ 

W.STEINWERG 114 ドイツ製 綺麗な象嵌モデル 入荷しました。

メーカー 製造番号一覧 おすすめ記事

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 f0(エフゼロ)とピアノ響板特性

→もっと見る

PAGE TOP ↑