*

響板の塗装を剥離中・・・。

公開日: : 最終更新日:2015/12/13 ピアノ修理, ブログ, 神田川右岸のピアノ工房

響板の塗装を剥離中・・・。

響板のニスを薬品を使わず手作業で剥離しています。

この後響板を25%くらいの乾燥状態に置きひび割れ等の確認をします。

おすすめ記事

関連記事

フランスのひまわり畑 ピアノが語ってくれたもの-その7

ピアノが語ってくれたもの-その7 3つのスタイル Q.鍵盤調整が重要なのは分かりました。 さて

記事を読む

インハーモニシティー早見表 ピアノが語ってくれたもの-その16

ピアノが語ってくれたもの-その16 49a弦長及び太さ早見表 Q.49aのインハーモニシティーが

記事を読む

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -3

ベヒシュタインその音色の美しさ ・12nとclassic118の価格 12nは160万円~1

記事を読む

ルーブル美術館 ピアノが語ってくれたもの-その3

ピアノが語ってくれたもの-その3 異なるアプローチ Q.アプローチと言うと? A. 例えば調律

記事を読む

スタインウェイ 129才スクエアー newB-211 78才ルイ15世 ピアノが語ってくれたもの-その34

ピアノが語ってくれたもの-その34 アナログ的ピアノ製作 Q.ところで、ピアノ製作の現状は悲観的

記事を読む

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.41  2021年9月26日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

グロトリアンを納品しました!

Wir lieben BECHSTEIN  ベヒシュタイン アップライト比較試弾出来ます。

ベヒシュタイン その音色の美しさ 輸入ピアノ BECHSTEIN

メーカー別 おすすめ記事 製造番号

STEINWAY&SONS−Fの納品立会に行きました。

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 (後編)更新中

ベヒシュタイン B203 P.Yamauchi

C.BECHSTEIN 12a 輸入ピアノ ピアノパッサージュ 

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 (前編)

ベーゼンドルファー200 1984年製 入荷しました。

スタインウェイ K-132 ハンブルグ ダークウォルナットバードアイ 艶消

ピアノパッサージュブログ一覧

サロン予約された方々へのご連絡 サロン・ド・パッサージュ臨時改正

C.BECHSTEIN クラシック118 新品入荷しました。 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

新型コロナに伴う対応について パッサージュグループ

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.40  2021年5月9日(日) 開演13:00 

→もっと見る

PAGE TOP ↑