おすすめ記事

イベント情報

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

輸入ピアノの素朴な疑問 人ぞれぞれのピアノ選び 気になること、心配なこと 輸入ピアノ購入のための無料メール講座全10回 受付配信中! 第1回 『心に響くいいピアノって何?』  第2回 『本当の弾きやすいピアノって何?』  第3回 『グランド...
おすすめ総集編

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

「あなたにとって世界一素敵なお仕事は何でしょうか?」とたずねられたら? ピアノ調律師!と答えたいところですが、 「 ピアノの先生かなぁ!!」と答えます。 先日「ピアノは脳にいい!」を提唱されている 脳科学者 澤口先生 のレクチャーを聴く機会...
アップライトピアノ

「 ベヒシュタイン技術者の会 」

『ベヒシュタイン技術者の会』発進  『ベヒシュタイン』は長い伝統の中で、時代と共に作曲家や演奏家、コンサート会場、そして『ピアノ調律師』と共に洗練され、今も進化し続けている現存する唯一のメーカーと言っても過言ではありません。  また、日本の...
おすすめ総集編

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ1 その1~41

以下の文章は(社団法人)日本ピアノ調律師協会 会報No.117・118(2002年)に投稿された文章を一部変更したものです。ピアノ調律師を対象に書かれた文章ですので、一部専門用語やわかりにくい表現を含みます。ご了承ください。文責・尾崎 ピア...
おすすめ記事

『ベヒシュタイン技術者の会』に向けて ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.3 ピアニストが一言『タッチ』と表現したとしても・・・

ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.3 ピアニストが一言『タッチ』と表現したとしても・・・               ピアノパッサージュ株式会社 ピアノ調律師 尾崎正浩 ピアニストと調律師は『目の前にあるピアノに理想的な状態を求める』と...
おすすめ記事

『ベヒシュタイン技術者の会』に向けて ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.2 ピタゴラスコンマへの挑戦『弦インハーモニシティー』ベヒシュタインの弦設計とは

ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.2 ピタゴラスコンマへの挑戦『弦インハーモニシティー』ベヒシュタインの弦設計とは ピアノパッサージュ株式会社 ピアノ調律師 尾崎正浩 ピアノに限らず楽器の音には「基音」(第1部分音)と共に「倍音」(第2...
おすすめ記事

『ベヒシュタイン技術者の会』に向けて ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.1 ピアノの最低共振周波数;f0(エフゼロ)

ベヒシュタイン技術者の会に向けて ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.1 ピアノの最低共振周波数;f0(エフゼロ)  ピアノパッサージュ株式会社 ピアノ調律師 尾崎正浩 f0(エフゼロ;第0フォルマント)とは、その物体が発生することのでき...
おすすめ記事

『ベヒシュタイン技術者の会』発進

『ベヒシュタイン技術者の会』に向けて                      『ベヒシュタイン』は長い伝統の中で、時代と共に作曲家や演奏家、コンサート会場、そして『ピアノ調律師』と共に洗練され、今も進化し続けている現存する唯一のメーカーと...
おすすめ記事

ペトロフピアノの歴史 ロマンティックトーン ~響きの美しさ~

ホフマンピアノ展示中 ペトロフ展示ピアノ ペトロフの豊かでメロディックな音の秘密 現代ペトロフピアノ設計における最大の変化は、最新のコンピューター技術が利用されている点でしょう。外観はもちろん、機能に至るまで、3Dモデルやアニメーション・プ...
おすすめ記事

何をしている所でしょうか?  その6

何をしている所でしょうか?  その6 答 グランドピアノの側板を作っています。 現在ではベーゼンドルファーやペトロフを除いて、グランドピアノの側板は薄い板を何層にも合わせて曲げて接着して行きます。 経験上、この部分の材料や接着剤はピアノの重...
おすすめ記事

何をしている所でしょうか?  その7

何をしている所でしょうか?  その7 答 グランドピアノの鉄骨(フレーム)の裏側です。 鉄骨の裏側はなかなか見る機会はありませんね。 写真はペトロフの鉄骨です。 ピアノ本体に取り付けられるのを待っている所でしょう。 フレームの下の部分にはピ...
おすすめ記事

Q.1 ペトロフのアップライトピアノを考えております。 輸入ピアノ

ホフマンピアノ展示中 Q.1 ペトロフのアップライトピアノを考えております。 いろいろな所に問い合わせしてみて値段で迷っているところです。 取扱店の価格がまちまちでどこで購入しても同じだとほかの店で聞きましたが、本当でしょうか?(40代 女...
おすすめ記事

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律  その18 これまでのまとめ

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律  その18 これまでのまとめ これまでの内容をまとめると、 形あるもの、実在のピアノには必ず固有振動等の特性が現れる事。 特性が弦設計や響板のサイズ、形状、材料等によって左...
おすすめ記事

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律  その17 ピアノは大きい方がいいの?

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律  その17 ピアノは大きい方がいいの? ピアノの『響板f0』だけに焦点を当てて考えると、ピアノは大きければ大きいほど優秀ということになります。 しかし、低音と高音の音量音質...
おすすめ記事

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律  その16 ロングミュートにおける割り振りの盲点

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律  その16 ロングミュートにおける割り振りの盲点 つまり、現実のピアノでは、ロングミュートで3本弦の2本をミュートし、1本弦にしていかに素晴らしく割り振り(基礎音階)が出来...
おすすめ記事

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 その15 ミネラル成分の存在意義

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律  その15 ミネラル成分の存在意義 ピアノはメーカー、設計、大型、小型にかかわらず多かれ少なかれ『響板インハーモニシティー』という特性(個性)が必ず現れる訳ですから、それを...