*

なぜ?ペトロフ? その4 鉄骨と総アグラフ

公開日: : 最終更新日:2015/10/15 なぜ?ペトロフ

blog_import_501d3d4649358ペトロフの鉄骨は芸術品です。
鉄骨の余分な金属を減らすことは音の立ち上がりの反応が早くなると考えます。また、寺院の梵鐘や100年くらい前のNYスタインウェイのグランドピアノの鉄骨に見られるように表面の凹凸が響きをより良くすると考えます。
弦は最高音まで88の音全部がアグラフでとめられています。これにより、音の透明感と立ち上がりの鋭さを大切にしていると考えられます。
この方法はベヒシュタインの縦型ピアノも採用しています。
ペトロフはベヒシュタイングループのホフマンをOEM製造していた事もあり、技術的な部分と透明感のある音づくりは共通するものも多いのでしょう。
立体感のあるポリフォニーの響きがペトロフの主張です。

おすすめ記事

関連記事

fabrik_alt[1]

ザウター社の歴史 ~師匠はモーツァルト・ベートーベンのピアノ製作者~

Johann Grimm(初代) ◎1人の手工業職人が夢を描く ヨハン・グリム(初代 1795年

記事を読む

blog_import_501d55517d079

ザウターピアノの納品に行った。

ザウターピアノの納品に行った。 ザウターピアノのデザインは洗練されていて、女性に人気がある。 音

記事を読む

名称未設定 2

■ザウター160Traditionピアノの価格と特徴 -2

・ザウター160Traditionピアノの特徴と音色 このモデルはザウターが製造するグランドピアノ

記事を読む

ユニット、パリャーソが茗荷谷に今年も登場!

続木 力(harm., recorder) 谷川賢作(pf)のユニット、パリャーソが茗荷谷に今年も登

記事を読む

■輸入ピアノ ハンマーシャンクの工夫 -2

・輸入ピアノのハンマーシャンク取り付け 輸入ピアノは人の手によって作られます。人の手で作ることで、

記事を読む

PAGE TOP ↑