*

なぜ?ペトロフ? その4 鉄骨と総アグラフ

公開日: : 最終更新日:2015/10/15 なぜ?ペトロフ

blog_import_501d3d4649358ペトロフの鉄骨は芸術品です。
鉄骨の余分な金属を減らすことは音の立ち上がりの反応が早くなると考えます。また、寺院の梵鐘や100年くらい前のNYスタインウェイのグランドピアノの鉄骨に見られるように表面の凹凸が響きをより良くすると考えます。
弦は最高音まで88の音全部がアグラフでとめられています。これにより、音の透明感と立ち上がりの鋭さを大切にしていると考えられます。
この方法はベヒシュタインの縦型ピアノも採用しています。
ペトロフはベヒシュタイングループのホフマンをOEM製造していた事もあり、技術的な部分と透明感のある音づくりは共通するものも多いのでしょう。
立体感のあるポリフォニーの響きがペトロフの主張です。

おすすめ記事

関連記事

新旧スタンウェイ

スタインウェイ 129才スクエアー newB-211 78才ルイ15世 ピアノが語ってくれたもの-その34

ピアノが語ってくれたもの-その34 アナログ的ピアノ製作 Q.ところで、ピアノ製作の現状は悲観的

記事を読む

ショパンの時代のピアノ

ショパンの時代のピアノ ピアノが語ってくれたもの-その9

ピアノが語ってくれたもの-その9 タッチの種類とサウンドポイント Q.タッチについて具体的に話し

記事を読む

スタジオB グロトリアン208

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -4

・国産ピアノ、ピアノに対する考え方 どんなモノでもたくさん作ってたくさんの人に使ってもらうことを考

記事を読む

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -2

・ヨーロッパピアノを選ぶということ  ヨーロッパピアノを選ぶという事は、国産ピアノを選ぶことと比べ

記事を読む

シュテファン大聖堂

シュテファン大聖堂 ピアノが語ってくれたもの-その25

ピアノが語ってくれたもの-その25 大陸的発想?文化的発想? Q.成長し続けるってことでしょうね

記事を読む

PAGE TOP ↑