*

インハーモニシティー データ ピアノが語ってくれたもの-その15

blog_import_501d3c1cac827ピアノが語ってくれたもの-その15
弦設計が語るピアノキャラクター
Q.弦設計がメーカーのコンセプトとともに若干の変化があることは分かりました。具体的なデータがありますでしょうか?
A. 詳しくは述べませんが、インハーモニシティーは弦直径の2乗に比例し、弦長の4乗に反比例し、振動数の2乗に反比例するそうです。インハーモニシティーは弦メーカーの係数を方程式に当てはめことにより算出可能です。写真のデータを御覧ください。中央四角でかこってある部分は49a(低音から数えて49番目のKeyラの音で、国際基準ピッチが440Hzの鍵盤)のインハーモニシティーです。データのサンプルでは0.41セント~0.71セントの範囲でした。最高音の88c(一番右端のドの音)は14セント~20セントでした。すべて、手作業での計測ですから多少の誤差はあるかと思います。一般的にグランドがアップライトより高いようですね。
Q.メーカーのインハーモニシティーの違いは音色にどのような影響を与えるのでしょうか?
A.インハーモニシティーが高いと鋭い緊張感のある音色になります。低い場合は柔らかい音になります。私の耳で聞いた範囲ですが、49aの音が0.59セントの設計のピアノの音が最も自然体の音に感じました。この位置にはウィーン式アクションにルーツを持つベーゼンドルファーやザウター、ペトロフがあるようですね。サロンで身近に音楽を楽しむ時代の音づくりとも言えるかもしれません。また、ホールでのコンサートを目的としたスタインウェイとベヒシュタインは共にインハーモニシティーが高いようです。これは大ホールで多くの聴衆に聴かせるために多少緊張感の高い音づくりをしているようです。いわゆる遠鳴りのする音づくりを目指しているのでしょう。インハーモニシティーが高いと言うことは音に舞台化粧を施すようなものでしょう。ある程度の距離をおいて聴くとバランスが良い音色になるようです。逆にインハーモニシティーが低いピアノとして異色のブリュートナーが存在します。音色としては柔らかくまろやかで緊張感に欠ける音になります。このメーカーの所在地はバッハがカペルマイスター&オルガニストをしていたライプツィッヒですから、パイプオルガンの音色やチェンバロ的効果を求めているのかもしれませんね。

ピアノが語ってくれたもの 総集編

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアン
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
パッサージュチャンネル動画

サロン・スタジオメニュー

サロンご利用案内はこちら
 
スタジオはこちら
 
サロン予約までの流れはこちら
 
フロア案内はこちら
 
サロン休日スケジュールはこちら
 
料金表印刷用はこちら
 
アクセスはこちら

サロン・ド・パッサージュ関連記事

ピアノの先生 世界一素敵な職業
 
おすすめ記事総集編

おすすめ記事

関連記事

IMG_0302

スタインウェイ 中古 アップライト Z114 STEINWAY&SONS 

ホーム スタインウェイ STEINWAY&SONS スタインウェイ Z114 中古

記事を読む

IMG_0696

スタインウェイ STEINWAY&SONS

ご試弾予約受付中 ピアノパッサージュはサロン併設のショールームです。 サロンご利

記事を読む

ジョルジュ・サンド

ピアノが語ってくれたもの その1~41 輸入ピアノ 総集編

ホーム    以下の文章は一般社団法人 日本ピアノ調律師協会会報に投稿された文章を一部変更した

記事を読む

SONY DSC

ピアノパッサージュ 技術動画 スタンウェイ編

スタインウェイ STEINWAY&SONS   展示ピアノを見る[/intli

記事を読む

■輸入ピアノ ハンマーシャンクの工夫 -2

・輸入ピアノのハンマーシャンク取り付け 輸入ピアノは人の手によって作られます。人の手で作ることで、

記事を読む

PAGE TOP ↑