*

新品の輸入(ヨーロッパ製)ピアノの価格 -3

公開日: : 最終更新日:2020/05/02 おすすめ記事, ブログ

IMG_0396・今後輸入ピアノの販売価格はどうなっていくのか
 ほぼ間違いなく値上げが続きます。スタインウェイAの例でいうと、同じ価格上昇率の場合10年後は1477万円になっている可能性があります。そんな価格の上がり続ける時代の中で「ピアノを選ぶ」時の判断基準の一つとして、耐用年数を考えてみるのも一つの方法です。ヨーロッパピアノの耐用年数は100年以上です。自動車が約5年、国産ピアノが約30年、日本の住宅が約37年、という事実を考えてみると、その歴然とした差に驚かされます。例えば1000万円のピアノ、自動車、家があった場合、それぞれの耐用年数に対する年あたり購入額は10万円、200万円、27万円となります。
 勿論100年間ピアノを弾き続ける人はほとんどいませんが、子、孫の世代へと一家の財産や形見として受け継ぐことも出来ますし、やむを得ず手放す際にも価値に見合った評価額が得られます。

新品の輸入ピアノの価格
 

パッサージュメニュー

pick-upおすすめ記事

ブログ

ピアノパッサージュ動画

おすすめ記事

関連記事

070923_0845

赤レンガのベヒシュタイン工場 その19

ベヒシュタインその音色の美しさ 赤レンガのベヒシュタイン工場 その19 写真は夕食会に招かれ

記事を読む

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -2

・ヨーロッパピアノを選ぶということ  ヨーロッパピアノを選ぶという事は、国産ピアノを選ぶことと比べ

記事を読む

070814_1009

赤レンガのベヒシュタイン工場 輸入ピアノBECHSTEIN

ベヒシュタインその音色の美しさ 10年ひと昔と言うから、むかーしむかしとほぼむかし。 時は19

記事を読む

070918_0939

赤レンガのベヒシュタイン工場 その17

ベヒシュタインその音色の美しさ 赤レンガのベヒシュタイン工場 その17 写真左は、ベヒシュタ

記事を読む

070814_1645

赤レンガのベヒシュタイン工場 その5

ベヒシュタイン その音色の美しさ   赤レンガのベヒシュタイン工場 その5

記事を読む

木漏れ日
ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 その15 ミネラル成分の存在意義

P10408451-300x200
サロン予約された方々へのご連絡

thumbnail_IMG_2329
Wir lieben BECHSTEIN  ベヒシュタイン アップライト比較試弾出来ます。

DSC_0441
GROTRIAN 112 の納品に行きました。

thumbnail_12049063260275
祝! サロン・ド・パッサージュにC.BECHSTEIN C-232(C91) が常備されました。

1313
サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.39  2021年2月21日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

IMG_5188
輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

thumbnail_62226199083__8DABF3B7-868D-411B-9DBC-9EBD49817125
ベヒシュタイン K-158 の納品に行きました。

download
ベヒシュタイン 12b の納品に行きました。

DSC_0431
今月のお勧めピアノ スタインウェイ K-132 ハンブルグ ウォルナット 艶消

unnamed
パッサージュブログ一覧

pleyel_pic01[1]
ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 f0(エフゼロ)とピアノ響板特性

download
新型コロナに伴う対応について パッサージュグループ

グロトリアン 108 ピアノが語ってくれたもの レビュー編

thumbnail_image0
ベヒシュタイン 12b  ピアノが語ってくれたもの レビュー編

ベヒシュタイン コントア118 ピアノが語ってくれたもの レビュー編

thumbnail_IMG_8097
ベヒシュタイン L-165 ピアノが語ってくれたもの レビュー編

thumbnail_IMG_2061
スタインウェイ A-188 クラロウォルナット 特注モデル6本脚 STEINWAY&SONS 

C_Bechstein_Concert_D_282_black_pol_open_520x550x72x80
メーカー別おすすめ記事

blog_import_501d3d12ad8c4
素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

SD-10
ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律  その14 響板同期と高音セクション

サリーム・アシュカール1
ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律  その13 平均律の割り振り数値理論

→もっと見る

PAGE TOP ↑