*

■ベヒシュタイン新品ピアノと中古ピアノの違いと特徴 その2

公開日: : 最終更新日:2016/04/22 おすすめ記事, グランドピアノ, ブログ, ベヒシュタインピアノ

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN
 ベヒシュタインM-180・ベヒシュタイン中古ピアノの特徴
 設計変更される2003年以前のベヒシュタインは、高音弦まで一音ずつ止める「総アグラフ」設計となっています。弦振動を積極的に鉄骨に伝えて高音の伸びを増大させる現代の多くのピアノと異なり、オールドベヒシュタインは音の透明感と分離感を意識したピアノ作りがなされています。どちらかと言うと一見朴訥とした音色で自己主張はしませんが、反応が早くポイントがあった時の音の響きは圧巻です。その分演奏者の意図を忠実に再現してくれるという意見も多いです。ちなみに現行モデルでもマイスターピースのアップライトは総アグラフが採用されています。

ベヒシュタイン新品ピアノと中古ピアノの違い 総集編
 
おすすめ記事 総集編

おすすめ記事

関連記事

IMG_3777

ザウター 114 Carus チッペンデール  ~森のハーモニー~ 輸入ピアノ SAUTER 展示中

ザウターグランドピアノ魅力 ザウター社の歴史 展示ピアノ一覧 ザウター 1

記事を読む

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -2

・ヨーロッパピアノを選ぶということ  ヨーロッパピアノを選ぶという事は、国産ピアノを選ぶことと比べ

記事を読む

DSCF3079-225x300

ピアノが語ってくれたもの その1~41 輸入ピアノ 総集編

ホーム    以下の文章は社団法人 日本ピアノ調律師協会(当時)会報に投稿された文章を一部変更

記事を読む

20150704_132751-300x168

SAUTER 114carus の納品に行った。小さなピアニスト シリーズ5

SAUTER  114carus の納品に行った。 お兄ちゃんと二人で決めた SAUTER p

記事を読む

090531_1119~0001

ザウター納品に行ってきました。

ザウター納品に行ってきました。 拓殖大正門近くの【CONTRASTO GALLERIA】さんです。

記事を読む

PAGE TOP ↑