*

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その18 クララ

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 グロトリアン・ストーリー

blog_import_501d6444c17c5近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その18
お!出てきた出てきた!!
このピアノがなんだかわかりますか? え?
答えが鉛筆(ブライシュティフト)で書いてあるって?
blog_import_501d64466a34e
ヒントはこれ!
もうお解りですね。
彼女はコンサートツアー中にフランクフルトのピアノ専門店で初めてグロトリアンに出会ったようで、最初は興味無さそうにしていたが、途中から夢中で弾き始め店主に一言!
「今後、私はグロトリアンしか弾きません。」
おお!何という大胆発言! それだけ有名ピアニストだったんだねぇ。
この気持ちに答えてグロトリアンはクララにピアノを贈呈することになる。
その第1号が何と!日本にあるのだが、詳しくは後日。
blog_import_501d6447b88e3
クララは旧ドイツ紙幣、100マルクの肖像画にもなっている。
ドイツにとってクララ・シューマンとピアノ音楽がどれだけ大切かを物語っていますよね。
blog_import_501d644d85c3f

グロトリアンに行ってきた 総集編

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

フレーム シーズニング

ピアノフレーム シーズニング ピアノが語ってくれたもの-その11

ピアノが語ってくれたもの-その11 ピアノのスタイル Q.ピアノのスタイルとはメーカーのことでし

記事を読む

MP

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -2

輸入ピアノ 管理を怠るとピアノはどうなるか 輸入ピアノの管理を怠ると、湿温度変化の影響を受けます。

記事を読む

オルセー美術館

オルセー美術館 ピアノが語ってくれたもの-その4

ピアノが語ってくれたもの-その4 弓 Q.本来、ピアノとオルガンを除いて自分の楽器の調律は演奏者

記事を読む

Mod.12n

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -1

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ Mod.12n[/caption] ・12n

記事を読む

インハーモニシティー データ

インハーモニシティー データ ピアノが語ってくれたもの-その15

ピアノが語ってくれたもの-その15 弦設計が語るピアノキャラクター Q.弦設計がメーカーのコンセ

記事を読む

PAGE TOP ↑