*

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その5

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 おすすめ記事, グロトリアン・ストーリー

blog_import_501d61fd7146aグロトリアンに行ってきた その5
世界有数のハウプトバーンホーフは私にはとても魅力的な建築様式でございまして。
blog_import_501d61fe3d5c5
まあ、とにかくでかい。
blog_import_501d61ff1b384
そんでもってプラットホームで待つこと20分。
やってきました。DB新幹線。
blog_import_501d61ffe96ca
おかげで、車窓からゆっくりドイツの景色を楽しみながらのハノーファー入りとなりまして…。
森の国ドイツの景色はとても雄大である。
遠くに山脈が見える日本とは違い、ほぼ地平線が続くのでちょいと物足りない感じもするが…。

グロトリアンに行ってきた 総集編

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

IMG_0302

スタインウェイ 中古 アップライト Z114 STEINWAY&SONS 

ホーム スタインウェイ STEINWAY&SONS スタインウェイ Z114 中古

記事を読む

■輸入ピアノ ハンマーシャンクの工夫 -2

・輸入ピアノのハンマーシャンク取り付け 輸入ピアノは人の手によって作られます。人の手で作ることで、

記事を読む

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -2

・ヨーロッパピアノを選ぶということ  ヨーロッパピアノを選ぶという事は、国産ピアノを選ぶことと比べ

記事を読む

ピアノパッサージュ スタインウェイZ114

スタインウェイ Z 114 の納品に行った。

スタインウェイ Z 114 の納品に行った。 年内に納品が出来て、本当に良かったですね♪

記事を読む

IMG_0005

STEINWAY  製造年 -製造番号

1856 -1000 1934 -278000 1999 -54

記事を読む

PAGE TOP ↑