*

グロトリアンの製造番号は、出荷時にシュタイン社長のOKが出た時に決まる。

公開日: : 最終更新日:2015/10/16 グロトリアンピアノ, ピアノショールーム, ブログ


グロトリアンの製造番号は、出荷時にシュタイン社長のOKが出た時に決まる。

ドイツピアノ工場内では響板にロット番号を付けて管理している。

グロトリアンの場合、1番から始まり999番で、また1番に戻るのだ。

今、パッサージュには、3番があるのだ。

3は好きな数字だ。三大元素、光の三原色、三大要素等々。

おすすめ記事

関連記事

blog_import_501d3d33aab5c

なぜ?ペトロフ? その2 材質と構造

ピアノは多くの木材が響くように工夫してあります。ペトロフはベーゼンドルファーと同じように、使用木材を

記事を読む

blog_import_501d3d7473dff

なぜ?ペトロフ? その9 チェコのピアノ作り 第1次大戦

なぜ?ペトロフ? その9 チェコのピアノ作り 第1次大戦 第1次世界大戦中(1914~1918年)

記事を読む

blog_import_501d3d7473dff

なぜ ペトロフ?

ホーム    その1 ルーツと使用目的 なぜ?ペトロフ? その1 ルーツと使用目的 ペトロ

記事を読む

blog_import_501d3d4e7ba5e

なぜ?ペトロフ? その5 チェコのピアノ作り 発祥

チェコは音楽家の国とよく言われます。創業141年にも及ぶペトロフ社の歴史の中で50万台以上のピアノが

記事を読む

blog_import_501d3d571cfc2

なぜ?ペトロフ? その6 チェコのピアノ作り 戦と拡大

なぜ?ペトロフ? その6 チェコのピアノ作り 戦と拡大 1866年に勃発したオーストリア・プロシア

記事を読む

PAGE TOP ↑