*

ウィーンと言えば・・・エアバー(EHRBAR)ピアノ工場

公開日: : 最終更新日:2021/09/13 ピアノ技術関連

ウィーンと言えば・・・
かつて、エアバー(EHRBAR)というピアノ工場がウィーンのマリーシェルファーシュトラッセから確か?ハイドンシュトラッセをちょっと入ったところにあった。
blog_import_501d4605ae9af
この写真は1989年、そのエアバー工場ショールームだ。
当時のマネージャーはW.アングストさん。彼はその1年ほど前、東京の武蔵野音大博物館で古楽器修理に2年間来日していたため、修復を手伝ったりした仲だった。

今回エアバーの2台のコンサートグランドを制作したとかで、ぜひ弾いてくれと自慢された。
音もタッチもウィーンそのものであったっけなぁ・・・。

おすすめ記事

関連記事

ペトロフピアノの歴史 ロマンティックトーン ~響きの美しさ~

ホフマンピアノ展示中 ペトロフ展示ピアノ ペトロフの豊かでメロディックな音の秘密 現代

記事を読む

BECHSTEIN  製造年 -製造番号

ベヒシュタインその音色の美しさ  BECHSTEIN  製造年 -製造番号

記事を読む

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -2

・ヨーロッパピアノを選ぶということ  ヨーロッパピアノを選ぶという事は、国産ピアノを選ぶことと比べ

記事を読む

GROTRIAN 製造年 -製造番号

1864 -510 1926 -52506 1987 -1366

記事を読む

工場見学 ペトロフピアノが出来るまで

ロマンティックトーン ペトロフ ペトロフピアノがなぜ、短期間にこれだけの進化を遂げたの

記事を読む

Bösendorfer 170 ウォルナット艶消 入荷しました。

サロン予約された方々へのご連絡 サロン・ド・パッサージュ臨時改正

展示ピアノ「 UP・GP・価格別」

GROTRIAN 189 1976年製 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

C.BECHSTEIN 12n 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

サロン・ド・パッサージュ「鶴田留美子 プレリサイタル」 2022.8.27 土曜日 14:00

「男のコンサート」Vol.44  2022年10月2日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

お求めやすい“W.ホフマンVision V2”が、ベヒシュタイン・ヨーロッパから新登場!

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ1 その1~41

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ 2 ピアノの響板特性とハーモニー調律 その1~その48

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

『ベヒシュタイン技術者の会』に向けて ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.3 ピアニストが一言『タッチ』と表現したとしても・・・

C.BECHSTEIN M-180 貴重クラシックモデル復刻版 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

C.BECHSTEIN-L165の納品立会に行きました。

入川 舜 ピアノサロンコンサート ~フレンチピアニズムとベートーヴェン~ 2022.7.31

「太田裕子 ピアノリサイタル」 2022.10.14 金曜日 14:00

月瀬ホール主催・特別協賛コンサート 2022.7.27

→もっと見る

PAGE TOP ↑