*

赤レンガのベヒシュタイン工場 その8

公開日: : 最終更新日:2019/08/15 おすすめ記事, 赤レンガのベヒシュタイン

ベヒシュタインその音色の美しさ

070822_1802赤レンガのベヒシュタイン工場 その8
さて、いよいよ当時のベヒシュタイン工場の内部に潜入しよう。
おっと、まず鉄の扉だ。
シックなモスグリーン(ベヒシュタインのイメージカラー)に塗られたこの扉は開けるのも重かったっけ。
すべてが、ちょっと古めかしかったが、西ベルリンの特殊事情もあってか、戦前からのものを大事に使っていた。
ヨーロッパの建物は階段が広く吹き抜けがあり暗い。また、中庭なども特徴だ。
ベヒシュタイン社にはビールの自販機がなかった。
ビール好きのドイツ人がなのに?
その他のドイツのピアノ工場、たとえばザウター社等は、ビールの自動販売機くらいはある。なぜなかったか?
不思議に思ったので聞いてみた。
マイスターは多くを語らなかったが、こんな話をしてくれた。
以前、工場で働いていた見習いが今日は自分の誕生日だと言うことで、朝からビールを飲んでうかれていたらしい。お酒が廻りすぎた彼は階段の4階から転落したそうだ。私はその話にあまりにびっくりしてその後どうなったかまでは聞けなかった。
その事件が、工場内禁酒のトリガーになったらしい。
その後、と言っても10年以上あとだが、名著「パリ左岸のピアノ工房」に登場する調律師が、ベヒシュタイン工場で修行中、階段から転落した話を読んだ。
同一人物かどうかは確認のしようもないが、とりあえず、生きてて良かったなぁっとほっとしたっけ。

赤レンガのベヒシュタイン工場
 

パッサージュメニュー

新着情報

イベントリポート

ブログ

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアン
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュ動画

おすすめ記事

関連記事

ベヒシュタインの納品に行った。

ベヒシュタインの納品に行った。 出会いとはそのようなもので…。 お嬢さんの為にもご家族の為にも良

記事を読む

070814_1645

赤レンガのベヒシュタイン工場 その3

ベヒシュタインその音色の美しさ 赤レンガのベヒシュタイン工場 その3 ベヒシュタイン

記事を読む

ベヒシュタインの納入調律に行った。

ベヒシュタインの納入調律に行った。 思い切って購入してよかったそうです。 毎日2時間以上楽しんで

記事を読む

blog_import_501d6e533dbc5

グロトリアンの整音作業

グロトリアンコンサートロイヤル月瀬ホール グロトリアン 展示一覧 グロトリアン 甘い音色

記事を読む

070822_1806

赤レンガのベヒシュタイン工場 その13

ベヒシュタインその音色の美しさ 赤レンガのベヒシュタイン工場 その13 ベヒシュタイン社長の

記事を読む

PAGE TOP ↑