*

フォルテピアノの演奏によるクラッシックな世界の体感

公開日: : 最終更新日:2015/12/05 ピアノ調律

blog_import_501d3ff7d5dc7フォルテピアノの演奏によるクラッシックな世界の体感
船橋市飛ノ台史跡公園博物館でマエストロ堀の製作のフォルテピアノで演奏会が行なわれました。
ピアニストはお馴染み冨澤裕貴さん。
この楽器は1805年頃ヴィーンで製作された、J.Fritzの楽器を基調にして1999年に製作されました。ヴィンナーピアノでは日本初の6オクターヴのピアノです。
73keys a”430~435Hz 間口1170mm 奥行き2230mm 重量 150kg 皮巻きハンマー
鹿皮ダンパー 鍵盤の深さ5mm
フレームが木製なので弦のテンションも弱く、音量が少ない反面、耳あたりが柔らかく、表現もより繊細であるような印象を聴く者に与える。弦は全て平行に張られており、巻き線も未使用です。

マエストロ 堀 最後のピアノフォルテ 総集編

おすすめ記事

関連記事

スタインウェイB11デュ高音部

輸入ピアノ 特徴と違い -1 スタインウェイ&ベーゼンドルファー(高音部バックレングス編)

輸入ピアノ 特徴と違い -1  当社に展示中の輸入ピアノの違いを見ていきましょう。 スタ

記事を読む

フレームサーフェーサー2

ピアノフレーム サーフェーサー処理-2 ピアノが語ってくれたもの-その14

ピアノが語ってくれたもの-その14 インハーモニシティー Q.それでは、次に、弦設計(メンズレー

記事を読む

新旧スタンウェイ

スタインウェイ 129才スクエアー newB-211 78才ルイ15世 ピアノが語ってくれたもの-その34

ピアノが語ってくれたもの-その34 アナログ的ピアノ製作 Q.ところで、ピアノ製作の現状は悲観的

記事を読む

ウィーン ベーゼンドルファー

ベーゼンドルファー in Wien ピアノが語ってくれたもの-その28

ピアノが語ってくれたもの-その28 仮説その2 フランス語やドイツ語の響きが調律や整音作業に大きく

記事を読む

150822_1125

ベヒシュタイン 12b

BECHSTEIN Mod.12b 明るい色のウォルナット。 軽いタッチと響きの奥深さが魅力的で

記事を読む

PAGE TOP ↑