*

プレイエル in France ピアノが語ってくれたもの-その29

blog_import_501d3c9b320e0ピアノが語ってくれたもの-その29
日本語ユニゾン?
Q.何が違ったのでしょうか?やはり、音の聴き方やユニゾンを合わせる部分音が異なるのでしょうか?
A.はい。明らかに違っていました。どうも私は日本語ユニゾンを作っていいたのかもしれません。
例えばピアノの音を文字で表記した場合、「ポーン」とか「ポロン」「カアーン」とか表しますが、私は高次部分音を合わせることのみに集中し「ポンー」とか「カンー」を作っていたかもしれません。
いやー、おはずかしい。(笑)
ところが、開梱したばかりのピアノは「ゥポォーー」「ゥカァーー」なんですよ。「ーン」がないのよ。「ーン」が・・・。
Q.確かに衝撃的な違いかも知れませんね。
A. ええ。ショックでした。それと、まぎれもなく西洋の言葉(リズム)で語りかけてくるわけですよ。つまり、アクセント(母音)が使用言語の単語の中でどのあたりにあるかということなのかなぁ・・・。

ピアノが語ってくれたもの 総集編

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアン
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
パッサージュチャンネル動画

サロン・スタジオメニュー

サロンご利用案内はこちら
 
スタジオはこちら
 
サロン予約までの流れはこちら
 
フロア案内はこちら
 
サロン休日スケジュールはこちら
 
料金表印刷用はこちら
 
アクセスはこちら

サロン・ド・パッサージュ関連記事

ピアノの先生 世界一素敵な職業
 
おすすめ記事総集編

おすすめ記事

関連記事

2

20世紀初頭のベヒシュタイン&スタインウェイ 総集編 更新中

トップページ1901年と1902年 ベヒシュタインV-200 クラシック 1901年 1901年

記事を読む

IMG_2860

スタインウェイ M-170 ハンブルグ 特別価格展示中

トップページ  アクセス スタインウェイ STEINWAY&SONS スタインウェイ M-1

記事を読む

img_0014

ピアノパッサージュ ベヒシュタイン Mod.L-165 黒艶出 入荷しました 調整中!

仕様:BECHSTEIN Mod.L-165 現在調整中です。

記事を読む

【差替】4月21日大奥由紀子ピアノリサイタル

サロン・ド・パッサージュ 大奥由紀子 ピアノリサイタル ~炎の祭典~ 2018年4月21日(土) 開演15:30 3000円

トップページ チケット予約・お問合せ   おすすめ記事メニュー &nb

記事を読む

000

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.31  2018年3月21日(祝水) 開演13:00 入場無料!

トップページ 入場・懇親会参加申込 その他お問い合わせ 電話 03-5225-1353

記事を読む

blog_import_501d3d12ad8c4

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法

トップページ おすすめ記事総集編 「あなたにとって世界一素敵なお仕事は何でしょうか?」と

記事を読む

IMG_0769

ピアノパッサージュ グロトリアン コントア 新品 輸入ピアノ GROTRIAN 展示中

トップページ  アクセス グロトリアンコンサートロイヤル月瀬ホール グロトリアン 甘い音

記事を読む

IMG_0504

ピアノパッサージュ プレイエル F-164 ローズウッド艶出し 貴重な逸品

ホーム  アクセス 展示ピアノ一覧 写真:プレイエル  超

記事を読む

blog_import_501d66237454e

ニコ十八どころじゃないなぁ~

ニコ十八どころじゃないなぁ~ サロンに帰ってきたら、なんだかすごいことに…。 二胡の演奏はなんだ

記事を読む

グロトリアン キャラット の納品に行った。

グロトリアン キャラット の納品に行った。 高校生の頃、楽器店で輸入ピアノに出会い、響きの素晴らし

記事を読む

SN3M0006

■ヨーロッパピアノ 音色が変化する面白さ -3

・ピアノの音色が変化する楽しさ ヨーロッパメーカーの多くは、目指す音色のコンセプトにより基本的な音

記事を読む

そろって伸びた後ろ足に幸せを感じるのは・・・。にゃんにゃん日記その157

そろって伸びた後ろ足に幸せを感じるのは・・・。 私だけ?

記事を読む

男のコンサート 第4回目は節分だった。

男のコンサート 第4回目は節分だった。 3時間があっという間であった。  

記事を読む

PAGE TOP ↑