*

■ヨーロッパピアノ 音色の方向性について -2

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 おすすめ記事, ブログ

DSCN5250・ヨーロッパピアノの音色の方向性を分類してみる(重厚でエネルギッシュ=スタインウェイ編)
さて、大まかな分類をするため、対極的な個性を持ったメーカーであるスタインウェイとベヒシュタインを比べてみたいと思います。
スタインウェイは物理学者のヘルムホルツとともに音響学を楽器に取り入れながら独自の響きを形成してきました。土地柄や産業革命という歴史的背景もあり、世の中は「より大きく、よりスピーディに、より大勢に」という風潮に染まりつつありました。移動手段は馬車から鉄道、車、飛行機へと進化し、大量輸送、大量消費の時代がやってきました。その中で音楽の届け方にも変化が生じ、それまでサロンや小さなコンサート会場での演奏がメインだったものが、大ホールでより大音量で、より大勢に音楽を届けるスタイルが主流となりました。そしてスタインウェイは時代の要求に応える楽器を作っていきます。非常に重厚で音圧感があり、ピアノという音場でうまれた音の塊がppでは収縮し、ffでは華やかに膨張していくような感覚を覚えます。この音作りは、戦後様々なメーカーのお手本となり、多くのメーカーが追随していくことになります。

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

IMG_0784-225x300

20世紀初頭のベヒシュタイン&スタインウェイ 総集編 更新中

1901年と1902年 ベヒシュタインV-200 クラシック 1901年 1901年 なんと!2

記事を読む

2017-11-13 08-53-54 (2)

スタインウェイ A-188 Texaco Oil特注モデル6本脚 メトロポリタン博物館展示STEINWAY&SONS 入荷しました

ホーム スタインウェイ STEINWAY&SONS スタインウェイ A-188 Texaco

記事を読む

IMG_0769

ピアノパッサージュ グロトリアン コントア 新品 輸入ピアノ GROTRIAN 展示中

グロトリアンコンサートロイヤル月瀬ホール グロトリアン 甘い音色とシンギングトーン グロトリ

記事を読む

IMG_0725

ピアノパッサージュ ベヒシュタイン 12n 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN Mod.12n 珍しいシック

記事を読む

3405f5a4057dd141f3c38548ad7ff8da-225x300

ベヒシュタイン ピアノ ミレニアムの調律に行った。

ベヒシュタイン ピアノ ミレニアムの調律に行った。 お母さんがおっしゃるには、子供さんのハノン

記事を読む

130629_1233

C.Bechstein classic 118 の納品調律に行った。

C.Bechsteinclassic 118 の納品調律に行った。 調律後にホールニューワール

記事を読む

IMG_1677-225x300

ペトロフ チッペンデールの納品に行った。

ペトロフ チッペンデールの納品に行った。 いろいろ悩みましたが、ようやく運命の一台に出会えまし

記事を読む

ベヒシュタインの納入調律に行きました。

ベヒシュタインの納入調律に行きました。 ご主人の、ベヒくんへの愛情を感じた一時でした♪

記事を読む

IMG_2438-225x300

ベヒシュタインの調律に行ったら・・・

ベヒシュタインの調律に行ったら・・・ 発見! ここにも。 ここにも

記事を読む

PAGE TOP ↑