*

■ヨーロッパピアノ 音色の方向性について -2

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 おすすめ記事, ブログ

DSCN5250・ヨーロッパピアノの音色の方向性を分類してみる(重厚でエネルギッシュ=スタインウェイ編)
さて、大まかな分類をするため、対極的な個性を持ったメーカーであるスタインウェイとベヒシュタインを比べてみたいと思います。
スタインウェイは物理学者のヘルムホルツとともに音響学を楽器に取り入れながら独自の響きを形成してきました。土地柄や産業革命という歴史的背景もあり、世の中は「より大きく、よりスピーディに、より大勢に」という風潮に染まりつつありました。移動手段は馬車から鉄道、車、飛行機へと進化し、大量輸送、大量消費の時代がやってきました。その中で音楽の届け方にも変化が生じ、それまでサロンや小さなコンサート会場での演奏がメインだったものが、大ホールでより大音量で、より大勢に音楽を届けるスタイルが主流となりました。そしてスタインウェイは時代の要求に応える楽器を作っていきます。非常に重厚で音圧感があり、ピアノという音場でうまれた音の塊がppでは収縮し、ffでは華やかに膨張していくような感覚を覚えます。この音作りは、戦後様々なメーカーのお手本となり、多くのメーカーが追随していくことになります。

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

151224_fazi_f212_n2

輸入ピアノ FAZIOLI F-212 試弾会再開 

ザラフィアンツ5/18 ファツィオリF-212は、コンサートピアノの一つと言えましょう。その音

記事を読む

STEINWAY & GROTRIAN

スケジュール サロン予約状況

記事を読む

b1c262a8dfbcdbe1a26ab52962fa2f33

「男のコンサート」Vol.29  2017年5月21日(日) 開演13:00 入場無料!

入場・懇親会参加申込受付 電話 03-5225-1353 (受付時間11:00~19:00月曜定

記事を読む

ベーゼンドルファーのバス弦

ベーゼンドルファーの交差弦 ピアノが語ってくれたもの-その20

ピアノが語ってくれたもの-その20 フランスの「パープ」さんは天才? Q.ミュンヘンの楽器博物館

記事を読む

catalog_ba_a160

ベヒシュタイン B-160 新品 入荷しました 輸入ピアノ BECHSTEIN 展示中

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ https://youtu.be/pq7ILw

記事を読む

エー!!金賞取ったの!オメデトウ!!

エー!!金賞取ったの!オメデトウ!! よーく練習したんだねぇ。 埼玉県民芸術文化際かぁ。 埼玉

記事を読む

13ba05a9197a0e5817c84de787f32c70-225x300

ベヒシュタイン 12nの納品に行った。

ホーム  ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタイン 12nの納品に行った。 い

記事を読む

blog_import_506c6f2e70c05

いいっつぁ れいんぼう!

いいっつぁ れいんぼう!

記事を読む

PAGE TOP ↑