*

タローネの調律に行った。

公開日: : 最終更新日:2015/09/24 おすすめ記事, グランドピアノ, ピアノ, ピアノ調律, ブログ

IMG_2490タローネの調律に行った。

イタリアのタローネさん
ヤマハのコンサートフリューゲルCF制作の時に尽力されたことはテレビでも紹介された。

タローネは彼の生涯で500台くらいの製造だと聞いている。
小型のグランドピアノだが、とても個性的なところがいろいろ。

ピアノパッサージュピアノパッサージュ独立アリコートブリッジだったり、一音3弦が玉作とループの分離型だったり。
ミドルの豊かな響きは無駄な緊張感はなく朗々と歌っている。

お宝だねぇ~。

ピアノが語ってくれたもの  展示ピアノ一覧

おすすめ記事

関連記事

IMG_0241-1024x752

ベヒシュタイン A3(B116 コンパクト) ウォルナット艶消 2010年製 3本ペダル

仕様:ベヒシュタイン A3(B116 Compact) ブランド ベ

記事を読む

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -1

・輸入ピアノ 適切な管理が必要な理由 輸入ピアノは管理が大変、故障しやすい、という評価を耳にする方

記事を読む

ルーブル美術館

ルーブル美術館 ピアノが語ってくれたもの-その3

ピアノが語ってくれたもの-その3 異なるアプローチ Q.アプローチと言うと? A. 例えば調律

記事を読む

ショパンの時代のピアノ

ショパンの時代のピアノ ピアノが語ってくれたもの-その9

ピアノが語ってくれたもの-その9 タッチの種類とサウンドポイント Q.タッチについて具体的に話し

記事を読む

大人のピアノ時代

大人のピアノ時代!!ピアノが語ってくれたもの-その41

ピアノが語ってくれたもの-その41 結論 Q.長い間、お疲れ様でした。整調の必要性から、基準寸法

記事を読む

PAGE TOP ↑