*

タローネの調律に行った。

公開日: : 最終更新日:2015/09/24 おすすめ記事, グランドピアノ, ピアノ, ピアノ調律, ブログ

IMG_2490タローネの調律に行った。

イタリアのタローネさん
ヤマハのコンサートフリューゲルCF制作の時に尽力されたことはテレビでも紹介された。

タローネは彼の生涯で500台くらいの製造だと聞いている。
小型のグランドピアノだが、とても個性的なところがいろいろ。

ピアノパッサージュピアノパッサージュ独立アリコートブリッジだったり、一音3弦が玉作とループの分離型だったり。
ミドルの豊かな響きは無駄な緊張感はなく朗々と歌っている。

お宝だねぇ~。

ピアノが語ってくれたもの  展示ピアノ一覧

おすすめ記事

関連記事

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -2

・ヨーロッパピアノを選ぶということ  ヨーロッパピアノを選ぶという事は、国産ピアノを選ぶことと比べ

記事を読む

IMG_3250

新品の輸入(ヨーロッパ製)ピアノの価格  -2

・ヨーロッパピアノの販売価格の値上げ 例えばスタインウェイA(1086万円)はここ10年で246万

記事を読む

DSC00479-1024x681

ピアノパッサージュ 技術動画 グロトリアン編

甘い音色とシンギングトーン  試弾ご予約受付中 Eメール

記事を読む

DSCF3079-225x300

ピアノが語ってくれたもの その1~41 輸入ピアノ 総集編

ホーム    以下の文章は社団法人 日本ピアノ調律師協会(当時)会報に投稿された文章を一部変更

記事を読む

GrotrianStudio_Mailing.pdf - Adobe Reader

グロトリアンの歴史

グロトリアンコンサートロイヤル月瀬ホール グロトリアン 展示一覧 グロトリアン 甘い音色

記事を読む

PAGE TOP ↑